話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

    テレビ・アニメネタ

    1 きゅう ★@\(^o^)/ :2016/11/06(日) 07:54:56.35 ID:CAP_USER9.net


    (出典 img.taishu.jp)



     檀れい(45)が出演するサントリー『金麦』の新CM「うちの鍋ちゃん」篇が、10月31日より公開されている。檀のあどけない表情が見られ、男性ファンから大人気のこのシリーズだが、「なんかムカつく」と不快感を抱く女性も少なからずいるようだ。

     “金麦を買って、夫の帰りを待つ妻”という設定のこのCM。新CMは夫婦で鍋を囲んでいるイメージのようで、あつあつの鍋をほおばる無邪気な檀の姿が映されている。調味料を入れて味を調えているシーンでは、指についた調味料をなめるしぐさがあり、色っぽさまで感じられる。

     映像が夫の目線から映されているということもあり、男性からは「このCMの檀れいめっちゃかわいい!」「こんな嫁がいたら毎日幸せだわ!」と大好評。しかし一部の女性からは「このシリーズの檀れいだけは、なぜか好きになれない」「檀れい普通にキレイで好きなんだけど、このCMはない!」「男の勝手な理想を押しつけられてる気がしてイライラする」「こんな嫁いねーよ」といった不満が上がっている。

    「壇れいの『金麦』といえば、シリーズ初期から女性にバッシングを受け続けていまして、新CMが作られるたびに“ウザい”“嫌い”といったワードがSNSに並びます。このCMでは、夫とのやりとりを描いているので、男性ウケするしぐさが多く、ぶりっ子しているように見えるのかもしれません」と女性誌記者は説明する。確かに、上目遣いで見つめたり、甘えてきたりと、男性にとっては心地よい疑似夫婦体験ができそうだが、女性にとっては「女性が嫌いな女性像」で、つい毒づきたくなるのかもしれない。

     檀れい自身もインタビューの中で、「ふだんの私とCMの私は、見ている方の中でイコールになりませんよね。あの世界観の中、一つの役と思っています。実際の私? あんなにテンション高くないです」と答えている。実は檀れいも、CMの中の“金麦妻”に違和感を覚えている一人なのかも?


    http://taishu.jp/detail/25382/

    【【動画あり】『金麦』新CM(檀れい)が、女性には不快?「こんな嫁いねーよ」】の続きを読む



    (出典 newsimg.music-book.jp)
    1 casillas ★@\(^o^)/ :2016/10/26(水) 22:36:51.37 ID:CAP_USER9.net

     放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会は10月25日、TBSにて10月9日に放送されたお笑い番組「オール芸人お笑い謝肉祭'16秋」が審議入りしたことを発表しました。


     問題となったのは、番組内のコーナー「大声厳禁 サイレント風呂」と「心臓破りのぬるぬる坂クイズ」の2つ。
    放送後、視聴者から「男性が男性の股間を無理やり触る行為などがあった。内容が下品だ。子どもに説明できないような番組はやめてほしい」「浜辺で芸人がローション階段を全裸や下半身露出で滑り落ちるシーンが放送された。
    "裸になれば笑いがとれる"という低俗な発想が許しがたい」などの意見が寄せられ、委員会で討論した結果、審議入りを決めたとしています。

     討論の際には「委員会としてこれまで何回も指摘していることが理解されていない。どのような経緯で放送に至ったのかなど確認したい」などの意見が出されたとのこと。

     番組は石橋貴明さんをメインMC、タカアンドトシの2人をサブMCとし、番組サイトのみどころ部分では「“オールスター感謝祭'16秋”では全く目立てなかった、もしくは、そもそも呼ばれていないという芸人たち40名が、最高賞金1000万円をかけて、カラダを張ったクイズバトルに挑む新企画」と内容が説明されています。

     委員会では近く質問状を放送局に送り回答を求め、次回から実質審議に入るとしています。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00000096-it_nlab-ent


    【TBS「オール芸人お笑い謝肉祭'16秋」がBPO審議入り 低俗・下品をお笑いと勘違いする芸人たち】の続きを読む




    (出典 i.ytimg.com)





    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/10/16(日) 01:33:02.72 ID:e6fnaiTv0.net

    1.女性白バイ隊員(15巻9話、16巻1話)
    男女共同参画には程遠い1979年、麗子が女性初の白バイ隊員に昇格(特別に「赤バイ」を与えられた)。
    警視庁初の女性白バイ隊員が実際に結成されたのは、91年のことだった。


    【こち亀が的中させた七大予言wwwww】の続きを読む




    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    正に「神タイミング」での初出演だな・・・ まあがんばって・・・



    1 動物園φ ★@\(^o^)/ :2016/10/09(日) 11:42:54.66 ID:CAP_USER9.net

    デイリースポーツ 10月9日(日)10時22分配信

     タレントのベッキー(32)が、9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)にゲストコメンテーターとして初出演し、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の活動自粛について口を開いた。

     髪をショートにして登場したベッキーは番組冒頭、「もうドキドキ。髪も切って、きょうのワイドナショーに向けて緊張していて食欲もなくて。きょうは、もう答えます」とあいさつ。

     ダウンタウンの松本人志はベッキーの出演について、約1カ月半前にスタッフから打診されたことを明かし、「もちろんオレは全然いいんやけど、もしその週に例のカレになにかあったらいじらなあかんでって言ったんやけど、何かあったもんな。話題集めみたいにするのは本当にイヤなんだけど。ある意味専門家だから」と話した。

     言葉通り、最初のニュースでゲス極・川谷と未成年の新恋人が飲酒していた問題を取り上げ、ベッキーは「1月に私との騒動があって、世間の皆様から厳しい声を私も川谷さんもいただいて、世間の厳しい目がある中で活動したり生活したりしていて、そういった中でこういう行動を取ってしまったのは、未然に防げたことなんじゃないかなとは思います」と懲りない元カレを批判した。

     一方で松本は「(相手の)ほのかさんもタレントなんですから、私は未成年なのでお酒は飲みませんと言わないと。それが一番、必要。“ほのかりん”なんて酔うてるみたいな名前やし、酒気帯びみたいや*。これに対して川谷さんがそこまで悪いというか、トラップではないでしょうが、たまたま運が悪かったのでは。罰が当たったのか、サンミュージックの刺客だったのか」と川谷に“同情”した。

     1月の川谷との不倫騒動で活動を一時休止していたベッキーの地上波出演は、5月13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」以来、約5カ月ぶりとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161009-00000031-dal-ent

    1
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475976611/


    【【話題】ベッキーが元カレ川谷を批判 「(未成年との飲酒は)未然に防げたこと」 ワイドナショー】の続きを読む




    (出典 d10tw3woq6mt3i.cloudfront.net)


    可愛いだけの女の子じゃなく 魅力ある大人の女をめざせってことだろ それなのにクレームだなんて・・・ 被害妄想もいいところ あきれてしまう・・・



    1 シャチ ★@\(^o^)/ :2016/10/08(土) 10:08:34.22 ID:CAP_USER9.net

     資生堂は2016年10月7日、化粧品ブランド「インテグレート」のCMに対し
    「女性差別」「セクハラ」との批判がネット上に出ていたことを受け、
    同CMのテレビ放映を終了することを決定した。同社広報部が同日夕のJ-CASTニュースの取材に明かした。

     CMのテレビ放映が始まったのは10月1日。広報担当者は取材に対し、「こちらが本来意図していたメッセージが、
    視聴者へ十分に伝わらなかった」などと説明。テレビ放映の終了に併せて、
    資生堂公式サイトに掲載されていたCM動画も削除するとしている。

    ■「意図していたメッセージが伝わらなかった」
     今回のCMは、9月21日に発売されたインテグレートの新商品をPRするもの。女優の小松菜奈さん、森星(ひかり)さん、
    夏帆さんの3人を起用し、「大人のかわいらしさ」を目指す女性をストーリー仕立てで描く内容だった。

     CMは2種類あり、どちらも商品のメインターゲットとなる「25歳の女性」をテーマにした内容。9月3日にウェブ公開された
    第1弾のCMには、小松さん演じる「ナナ」が25歳の誕生日を迎えたことについて、森さんと夏帆さんが演じる同性の友人が、

      「今日からあんたは女の子じゃない」
       「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」
       「カワイイという武器はもはやこの手には、ない」
    といった言葉を浴びせる場面がある。その後、こうした同性からの厳しい意見に触発された女性が、
    「なんか、燃えてきた...」と決意する様子が映し出される。

     こうした内容のCMに対し、ツイッターでは「広告で何の疑問もなく女性差別をするって何考えてるんだ」
    「えっなんでまだこの価値観???  今昭和??? 」といった批判が女性ネットユーザーを中心に相次いだ。(以下ソースで)

    J-CASTニュース 10月7日(金)18時53分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000008-jct-soci

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    ★1 2016/10/07(金) 23:52:48.56
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475863601/


    【【テレビ】「25歳からは女の子じゃない」「もうチヤホヤされない」 資生堂のCM、「セクハラ」「女性差別」との批判受け放映中止に】の続きを読む




    (出典 netac.co)


    TOYOTAに見切られたとなると・・・ これは痛いなんてもんじゃないな・・・ やばいぞ・・・



    1 フランケンシュタイナー(庭)@\(^o^)/ :2016/10/04(火) 19:03:40.26 ID:9qoW4yfw0●.net BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典

    クールの途中でスポンサーが降りるということは、前代未聞のこと。
    『めちゃイケ』について、フジテレビに問い合わせてみると、番組担当者が不在で、期日までに返事をもらうことができなかった。
    「大口のスポンサーを失ったために制作費を大幅に削らなくてはならず、
    放送枠の移動だけでなく放送時間も30分に縮小されるということです」(芸能プロ関係者)

    さらには、こんな話まで聞こえてきた。

    「いよいよ『月9』がなくなるようです。かつては視聴率が30%を超すこともありましたが、最近は2ケタに届くことも難しい状況です。
    局内では打ち切りにしたほうがいいという声が大きくなっています」(前出・広告代理店社員)
    『月9』も『めちゃイケ』同様にフジの看板で、'80年代後半からドラマ界を引っ張った人気枠である。
    '01年1月期に放送された木村拓哉主演の『HERO』は全11話の平均視聴率が30%以上を記録するなど、
    高視聴率番組枠として名を馳せたが、最近は1ケタ台も多くなった。

    「そのため、発表はまだですが、TOYOTAがスポンサーを降りることを決定しました」(前出・広告代理店社員)

    事実かどうかTOYOTAに問い合わせると、
    「スポンサー契約の詳細については申し上げられません」
     と否定はせず。フジテレビに問い合わせてみると、
    「そのような話は出ておりません。番組改編については発表されているとおりです」
    しかし、前出の広告代理店社員は、
    「年内で打ち切りが決まっている『SMAP×SMAP』と『月9』が終了したあとは午後9時から午後11時まで制作費の割安な2時間番組を考えているようです」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00008242-jprime-ent


    【TOYOTAがスポンサーを降りると決定したためフジテレビの月9が打ち切りへ】の続きを読む




    (出典 marticleimage.nicoblomaga.jp)


    プロでもないのに ましてや女性なのに よく頑張ったと思う 十分感動できた! 問題なし! 



    1 閃光妖術(東日本)@\(^o^)/ :2016/10/02(日) 12:56:00.35 ID:M45UsiMh0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    タレントのイモトアヤコ(30)が『世界の果てまでイッテQ! 登山部アイガー登頂プロジェクト2時間スペシャル』(日本テレビ系)で登山に挑戦した。
    視聴率17.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど感動を呼ぶ内容だったのだが、一方で下山の方法に「感動が台なし」と
    興ざめしている視聴者も多いようだ。

    視聴者が違和感を感じているのは、下山のシーン。普通の登山ならば、登りも下りも基本的には自分の足で行うものだろう。

    そのため、下山もイモトがまた時間をかけて降りるのかと思いきや、山頂にヘリコプターが到着。「3分で来ちゃった」と、意気揚々とヘリに乗り、
    さっそうと山を降りる姿に、首を傾げる視聴者が多かったようなのだ。

    これまでプロ顔負けの気力と体力を見せてきたイモトだが、一部では「金にものをいわせた登山」だという声もある。もし「芸人でもたやすく登れる」という
    イメージがつくようであれば、登山ファンとしては黙っていられないところだろう。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161001/Taishu_24838.html


    【イモト、感動の登山成功が“興ざめ”な理由 「なんだ下山はヘリかよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ