話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

      ↳痛いネタ




    (出典 cdn.geinou-news.jp)


    ほんと 反省してないな・・・ 自分の状況がわかってないな・・・ ここまでくると オメデタイな・・・



    1 エメラルドフロウジョン(東京都)@\(^o^)/ [DE] :2016/10/13(木) 12:12:18.16 ID:9Ze2ujAy0.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典

    12月3日のライブを最後に活動自粛を発表したロックバンド、ゲスの極み乙女。及びindigo la Endの川谷絵音(27)が12日
    東京・恵比寿でindigoのライブを開催。ステージ上から「今は何を言っても、いい曲を作っても伝わらない」と話し、休止を説明した。
    ライブ前半には、「2018年くらいにはいい意味でフラッシュを浴びたい」と2018年の復帰を示唆。休止期間は約1年になるとみられる。

     当時未成年だった交際相手のタレント・ほのかりん(20)と飲酒したとして、今月3日に活動自粛の発表をして以降、初めてのライブ。
    午後2時前に会場に到着した川谷は、集まった報道陣約20人から「復帰したベッキーさんに一言」「今の心境は」などと問いかけられ
    会釈をしたが、コメントはしなかった。終演後も報道陣の呼び掛けに答えることなく会場を後にした。

     コンサートは前半にゲスの極み乙女。がゲスト出演する形式で、川谷はindigoの出番だった終盤にファンに向け、活動自粛を自らの口で説明。「必ず戻ってくる」と復帰を約束した。

     【以下、川谷のコメント】

     自分が今、何を言っても、黒になってしまう。いい曲を作っても伝わらない。

     いろんな考えがある。僕はバカだけど、唯一、音楽を作るしかない。周りをたくさん傷つけた。でも音楽は残っていく。今は黒くしか伝わらないので、ファンも苦しむ。

     ファンのため、スタッフのため、自分のために必ず戻ってくる。安心してください。

     メンバーから「俺は一生ついていく」と言われた。あそこまで言われたらプロポーズされた気持ちですね。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000108-dal-ent


    【ゲス川谷「俺は悪くないのに今何を言っても悪者にされてしまう、だから休止します」】の続きを読む






    【【異変】元ラブコメの女王ことメグ・ライアンの現在wwwwwwwwwwww】の続きを読む




    (出典 blog-imgs-57.fc2.com)


    世の中には 言っていいことと悪いことがある・・・ そのあたりの判断ができなかったことが・・・



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2016/09/29(木) 22:40:12.74 ID:CAP_USER9.net

    スポーツ報知 9月29日 17時23分配信

     テレビ大阪は29日、報道番組「ニュースリアルFRIDAY」(金曜・後5時13分)の
    キャスターを務めていた元フジテレビのフリーアナウンサー・長谷川豊氏(41)の降板を
    発表した。

     長谷川氏は9月19日付の自身のブログで、人工透析患者を中傷するようなタイトルの記事を
    掲載。その後、タイトルは変更されたが、テレビ大阪では報道番組のキャスターとして
    不適切な行為だと判断した。

     テレビ大阪は「9月19日付けの長谷川氏が自らの公式ブログ『本気論 本音論』で
    発信した内容に行き過ぎた表現があり、多くの人に著しく不快感を与えたものと考えます。
    その後タイトルなどを修正したとはいえ、何よりもことばを大切にしなければならない
    報道番組のキャスターとしては不適切な発信といわざるを得ません」との見解を示した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000163-sph-ent

    ※前スレ 09/29 17:42
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475149472/


    【【テレビ】テレビ大阪、長谷川豊氏の降板発表…透析患者中傷に「報道番組キャスターとして不適切」】の続きを読む




    (出典 life-hacking.net)


    やっぱり この事件は納得できない そして この親子についても理解できない・・・!  



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2016/09/20(火) 05:02:50.85 ID:CAP_USER9.net

    釈放から1週間。渦中の高畑裕太(23)は現在、埼玉県内にある心療内科の専門病院に入院している。

    入院初日、母・高畑淳子(61)が布団を運び入れ、釈放された息子と同じ病室に泊まり込んだことは、世間でもやや呆れ気味に報じられた。

    「裕太さんがあの病院に入ったと聞いて、納得しましたね」と語るのは、同じ埼玉県内の精神科医師。

    「あそこでは “病室”でなく“ゲストルーム”と呼びますが、全60室がすべて完全個室で、施設内にはヒーリングスパの施設もあります。
    診察時にも、ほかの患者といっさい顔を合わせることなく、診察室に行けるんです。なのに、費用は良心的。
    同じ施設が都内にあれば、1日の入院費が10万円かかってもおかしくないですが、差額ベッド代は最高級の部屋でも1万円以下です。
    同じグループの病院が儲かっているため、赤字でも構わないという経営方針のようですね」

    もちろん、入院は“紹介制”のみ。誰でも入れるわけではない。

    「病院の理事長がやり手で政界とのパイプも太く、国会議員がリフレッシュ目的でお忍び入院することもあります。
    夜は22時が消灯時刻ですが、就寝する必要はありません。
    個室内で、自由に音楽鑑賞やテレビ鑑賞が可能ですよ」

    聞けば聞くほど、いまの裕太を入院させるためにあるような病院ではないか。

    「私の知る限りでも、これほど高級ホテル並みの設備が整った病院は、全国でここだけ。日本一の病院と言ってもいいと思います」

    それもこれもすべては母の力か――。

    だが「9月24日から始まる、淳子さんの主演舞台『雪まろげ』。
    東京でのチケットはそこそこですが、事件のせいか、地方は苦戦しています」(演劇関係者)
     
    はたして、母の苦労を裕太は知っているのだろうか――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160920-00010002-jisin-ent
    女性自身 9月20日(火)0時0分配信


    【【芸能】高畑裕太 母の苦労の陰で…入院先は”日本一のゴージャス病院”】の続きを読む




    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    見るたびに顔がかわっていて テロップの名前を見ないと おじさんには 誰だかわからん・・・



    1 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ :2016/09/19(月) 12:16:27.16 ID:CAP_USER9.net

    [2016年9月19日11時12分]
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1712307.html
     モデルでタレントの益若つばさ(30)が、歯を出して笑うことができない理由を明かした。

     益若は19日にツイッターで「昔は甘くない少年みたいな顔がコンプレックスで、必死にたれ目にたれ目にってメイクを濃くして誤魔化してた」と自身の劣等感についてツイート。
    続けて「私は10代の時に交通事故にあって歯がぐちゃぐちゃになっちゃったから笑うのが苦手なの」と明かし、
    「だから笑顔が不自然とかなんで歯出して笑わないのとか言われて私も昔みたいに心から笑いたいよ」との思いをつづった。

     事故以来10年以上にわたって色々な歯科に通いながら治療を続けているという。「まだまだコンプレックスだから
    今はまだあんまり上手く笑えないけど、いつの日か克服できて気にしなくなれたらとびきりのスマイルを毎日お届けするわ」と前向きな思いをつづった。


    【 益若つばさ、交通事故で「歯がぐちゃぐちゃに」】の続きを読む




    (出典 furatto-mode.com)


    そりゃあ 共演すれば 木村派? なんてマスコミに騒がれたりして 面倒くさいもんな 今は共演したくないだろ・・・



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/

    日刊ゲンダイDIGITAL 9月18日 9時26分配信

     年内いっぱいで解散するSMAPの動向がまたまた注目を集めている。
    ターゲットはファンのみならず一般からも“裏切り者”という見方をされている
    木村拓哉(43)。木村は独立&解散騒動で一人、事務所残留を早々と発表し、
    保身に走ったとみられている。8月の解散発表時もハワイ旅行中で一人だけ不在。
    しかも、木村の気持ちを妻の工藤静香が“代弁”したことで、さまざまな臆測も呼んだ。

     その結果、好感度は大幅にダウン、顕著なのはタレント人気のバロメーターといわれる
    潜在視聴率のダダ滑りだ。

    「最盛期は13%以上もあったのに、今年1月の解散騒動以降5.1%といきなりの
    シングルに。そして8月以降は3%台にまで低迷。それと対照的なのは事務所に
    反旗を翻したといわれる中居正広で、11.6%のダブルスコアです。ちなみに
    香取慎吾7.8%、草彅剛8.3%、稲垣吾郎7.2%だから、業界では
    “キムタク、やべえ”が合言葉になっている」(大手広告代理店幹部)

    ■主演ドラマのヒロインが決まらない

     木村の不人気ぶりが次のドラマにも影響している。来年1月から放映される
    ドラマのキャスティングに関してで、ヒロインの名前が分からないのだ……。

    「来年1月にTBSの日曜劇場で『Get Ready!!(仮題)』が
    スタートします。問題はヒロインです。木村側からオーダーのあった綾瀬はるかや
    吉高由里子、石原さとみ、長澤まさみ、高畑充希、北川景子や波瑠、
    満島ひかりらの人気女優陣からのOKが出ていない。一時、竹内結子が
    内定したという話がありましたが、竹内には木村側がNGを出したと
    いわれています」(事情通)

     意中の女優陣のキャンセル理由は“多忙”“調整不可”など。木村の主演ドラマは
    台本がギリギリになることも多く、木村のスケジュールが最優先され自由が利かない。
    それが敬遠される一因にもなっているという。それでも、かつては視聴率が
    20%超だから女優は我慢したが、解散騒動でケチがつき、木村ブランドまで
    失墜したも同然。一連の騒動の“戦犯”とされた影響で、視聴率は「2桁もどうか」と
    みる向きもあるほど。

     そんな木村の凋落ぶりを見て地団駄を踏んでいるのがTBSの上層部だという。

    「SMAPの元マネジャーのI女史がいたら、こんな事態にはならなかった。
    ヒロインを見つけてきたはずですから。結局、彼女を裏切った木村の因果応報では……」

     中身は医療モノ。今秋に米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)が
    放送され、そのガチンコ勝負を避けて来年1月の放送が決まった経緯があるという。
    プラス材料が少ないだけに試練の時を迎える。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000006-nkgendai-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474158828/


    【SMAP余波 キムタク主演ドラマに相手役からキャンセル続出】の続きを読む




    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    素直に同情できない自分がいる・・・ なぜだろう・・・ ご愁傷さまでした・・・



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/

    実態のないファンドへ出資させていたとして、ファンド運営会社社長らが逮捕された詐欺事件。
    113億円を超える金を集めていたこの事件では、芸能人たちからの出資もあった。9月14日発売の「週刊新潮」が報じる。

     ***
     
    名前が取り沙汰される有名人は、江角マキコ(49)、布袋寅泰(54)、GACKT(43)の3名である。

    「『クエストキャピタルマネージメント』なる都内の投資コンサルタント会社が、2009年から昨年までの間に、15都府県の出資者約60人から、
    運用実態のないファンドに計113億円超の金を出資させていた疑いで警視庁が捜査に着手した詐欺事件です。
    ちなみに、寿司チェーンの『小僧寿し』も1億円出資しています」(大手メディアの社会部記者)

    「週刊新潮」の取材に対し、

    「親しい知人の誘いで出資したことは間違いありません」

    と、江角マキコの代理人弁護士は回答。他の2人のマネージャーや事務所も、出資や詐欺被害にあったことを認めた。

    詐欺の手口、投資詐欺の芸能界人脈などについて、9月14日発売の「週刊新潮」で詳しく掲載する。

    「週刊新潮」2016年9月22日菊咲月増大号 掲載

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160913-00512414-shincho-ent
    デイリー新潮 9月13日(火)17時1分配信


    【江角マキコ、布袋寅泰、GACKTが出資…計113億円の投資詐欺】の続きを読む

    このページのトップヘ