話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

      ↳痛いネタ

    革新・保守超え各界各層が参加
    「大邱(テグ)が書いた反省文」声を合わせ
    「万人共生の社会作りに貢献」


    (出典 img.hani.co.kr)

    「新しい大邱を開く人たち」が6日、大邱市議会の懇談会室で「朴槿惠-チェ・スンシルゲートの前で大邱が書いた反省文」を発表した後、頭を下げて謝罪している//ハンギョレ新聞社

     「安直な投票で朴槿恵(パク・クネ)を大統領に選んだことを反省します」

     保守と革新を超えた大邱(テグ)の各界各層の人々約1300人が「朴槿惠-チェ・スンシルゲート」に関して反省文を書いて発表した。「新しい大邱を開く人たち」は6日午前11時、大邱市議会2階の懇談会室で記者会見を開き、「朴槿惠-チェ・スンシルゲートの前で大邱が書いた反省文」を発表した。

     1カ月間署名を集めた反省文は、学界56人、言論界16人、宗教界37人、政界19人、医薬界34人、法曹界4人、文化芸術界247人、市民社会19人、経済界341人など計1386人が参加した。記者会見には慶北大学国際通商学部のキム・ヒョンギ教授(64)など18人が出席した。

     彼らは反省文で「我ら大邱の人たちは、絶対的支持で朴槿恵候補を大統領にした。しかし、彼女は傲慢で話が通じず、経済を活性化できなかったうえ、封建時代でもありえない陰の側近チェ・スンシルの国政壟断を招き、憲政秩序を破壊し、国家の品格を墜落させ、国民の自尊心を踏みにじった」と批判した。

     さらに「朴正煕(パク・チョンヒ)大統領の娘だとして彼女を支持したことを反省し、感性の目で彼女に同情したことを反省し、彼女の実状を知らないまま虚像を追って盲信したことを反省する。また、我々は約30年間無条件に特定政党だけを支持し、地域政治の場を一党独占の舞台にしたことを反省し、だめな大統領が生まれる産婆の役割を果たしたことを深く反省する」と明らかにした。

     彼らはまた、「もう我ら大邱市民はこの半世紀の『傷だらけの栄光』を脱ぎ捨て、新しい大邱を作るために貢献する市民に生まれ変わろうとする。大邱を政治的多様性と文化的開放性のある進取的都市に換骨奪胎させるために奮闘する。強者独り占めの大韓民国を、万人共生の大韓民国に改造することの先頭に立とうとする」と付け加えた。

     反省文には保守と革新を超え、さまざまな性向の各界各層の人々が数多く署名した。セヌリ党の大邱市党副委員長を務めたカン・ジュヨル空路立て直し本部執行委員長をはじめ、チョン・スンチョン前大邱市議会副議長、パク・チョンソク元慶北大学総長、イ・チャンヨン地方分権運動大邱慶北本部常任代表、キム・サンテ元嶺南日報社長、ヤン・ジョンボン大邱慶北言論人クラブ会長、ホ・ノモク元大邱地方弁護士会会長などが名を連ねた。

     キム・ヒョンギ教授は「大邱は一党独占体制による政治的画一性で政治の質が落ち、都市の活力がない。その結果が朴槿恵大統領を生んだのだ。もう仲間内で集まり行動する文化から脱し、文化的開放性と政治的多様性を作っていかなければならない」と話した。

    文・写真 キム・イルウ記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25878.html

    【【韓国】「安直な投票で朴槿恵(パク・クネ)を大統領に選んだことを反省します」 大邱(テグ)1386人が反省文】の続きを読む


    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/11/26(土) 00:13:30.60 ID:9VJ+yrxz0.net

    http://www.liveleak.com/view?i=c8b_1436128099

    ボクシングは喧嘩じゃ役に立たないね(ガッカリ

    【【動画あり】「ボクサー vs 番長」のストリートファイト 結果はwwwwwww】の続きを読む



    (出典 chottokininarus.blog.so-net.ne.jp)  
    1 ジャーマンスープレックス(東京都)@\(^o^)/[FR] :2016/11/17(木) 01:59:43.41 ID:wQ8kavWO0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

     スウェーデン・アカデミーは16日、今年のノーベル文学賞の受賞が決まった米国のミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)が、
    12月10日にストックホルムで開かれる授賞式を欠席すると発表した。15日に「先約がある」とディラン本人からの手紙を受け取ったという。

     同アカデミーによると、ディランさんは改めて受賞を光栄に感じていると強調したという。アカデミーは、授賞式を欠席しても「賞は引き続き
    ディランのもの」としつつ、遅くとも12月10日から数えて6カ月以内に業績にまつわる講演をすることを受賞の条件として挙げ、「我々は
    ディランの講演を楽しみにしている」と表明した。

     受賞者の欠席は過去にもあり、2007年に歴代最高齢の88歳で受賞した故ドリス・レッシングさん(英国)、05年の故ハロルド・ピンターさん(同)、
    04年のエルフリーデ・イェリネクさん(オーストリア)も健康上の理由などで欠席した。(ロンドン=渡辺志帆)
    http://www.asahi.com/articles/ASJCK05RLJCJUHBI04J.html

    【ノーベル賞 ボブ・ディラン「行けたら行くわ」→結局「先約があるから」と授賞式欠席】の続きを読む

    ◆女性初の「殲10」パイロット、訓練中に事故死 中国

    中国軍の戦闘機「殲10(J-10)」を操縦する女性初のパイロットが、曲技飛行の訓練中の事故で死亡していたことが分かった。
    国営メディアが14日報じた。

    死亡したのは、中国空軍の曲技飛行隊として有名な八一飛行表演隊所属の余旭氏(30)。
    国営英字紙チャイナ・デーリーによると、中国北部の河北省で先週末、訓練中に機体から脱出したが、他のジェット機の翼に激突して死亡した。
    同乗していた男性パイロットは無事に脱出できたという。

    国営英字紙・環球時報は余氏の事故死について「中国に4人しかいない国産ジェット戦闘機を操縦できる女性パイロット4人のうちの一人であるため、中国空軍にとって大きな損失だ」と伝えている。

    ■写真
    中国・広東省珠海での航空ショーで、デモ飛行の準備をする女性戦闘機パイロットの余旭氏(2014年11月11日撮影)

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 img.yonhapnews.co.kr)


    (▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)

    AFPBB News 2016年11/14(月) 13:52
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000022-jij_afp-int

    ■関連スレ
    【軍事】中国のステルス戦闘機「J-10」墜落か 天津で目撃情報[10/04]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1475509033/
    J-10B戦闘機の墜落事故:中国紙「ロシア製エンジンが悪い」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416380685/
    【中国】国産戦闘機「J10」、試験飛行で墜落か…パイロットは脱出するも墜落で複数の負傷者が出た模様=四川省成都市郊外[11/15]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1416050746/
    【中国/軍事】殲-10戦闘機が墜落事故…空軍初の女性パイロットが死亡[11/13]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1479003138/

    【【中国】女性初の「殲-10戦闘機」美人パイロット、訓練中に事故死 その事故が悲惨すぎる】の続きを読む


    (出典 i.huffpost.com)
    1 キングコングラリアット(東京都)@\(^o^)/[FR] :2016/11/11(金) 06:33:58.95 ID:iNSxjxuS0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

    【11月11日 AFP】高額紙幣の廃止が突然発表されたインドで、いわゆる「たんす預金」をしていた農家の女性が、自分が無一文になってしまう
    と思い込み、悲観のあまり自宅で首をつって自殺した。警察が11日、明らかにした。

    南部ハイデラバード(Hyderabad)の東方に位置するマハブババード (Mahabubabad)に住むカンデュクリ・ビノダ(Kandukuri Vinoda)さん(55)は、
    流通が停止された1000ルピー(約1600円)札と500ルピー(約800円)札で大量の現金を自宅に保管しており、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)
    首相による8日の突然の発表を聞き、貯金が全て価値を失ったと思いパニック状態に陥ったという。

    ビノダさんは、先月土地の一部を売って現金で550万ルピー(約870万円)を受け取っていた。地元メディアの報道によると、ビノダさんはその中
    から夫の医療費を支払い、残りは新たな区画購入に充てるつもりだったという。

    同国地方部では、遠隔地のため銀行がない、納税額を減らしたいといった理由で、大量の現金を自宅に保管している人が多い。

    モディ首相による紙幣の流通停止は、腐敗に加え、税務当局が把握していない「ブラックマネー」対策の一環とされている。政府は戸惑う市民ら
    に対し、今回の施策で不利益を被るのは脱税者のみだとして、不安を抱かないよう呼び掛けている。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3107549

    【インドで高額紙幣 突然廃止発表→「タンス預金」していた女性、ただの紙切れになったと勘違いして自殺】の続きを読む

    1 シャチ ★ :2016/11/01(火) 10:25:29.98 ID:CAP_USER9.net

    日本テレビ系(NNN) 10/31(月) 14:35配信 リンク先に動画
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161031-00000036-nnn-int
     友達の前で格好をつけようとパンダに近づいた男性が大変な目に遭った。

     中国・江西省の動物園で27日、侵入した男性がジャイアントパンダに近づいてかがんだところ、
    寝ていたと思ったパンダが突然、男性にしがみついた。パンダから逃れようと足を引っ張る男性だが、
    まるでレスリングの技をかけられているような状態となり、その後もパンダと格闘するが全く離してもらえない。

     中国中央テレビによると、男性は女友達に格好いいところを見せようとしたそうで、その後、
    男性はなんとかパンダから離れ逃げたが、ズボンが破れていたという。


    【【動画あり】中国人男性パンダに襲われる・・・果たしてそのワケは】の続きを読む

    1 レインメーカー(庭)@\(^o^)/ [CH] :2016/10/31(月) 13:24:00.72 ID:aU289kHa0●.net BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典

    【簡単に説明すると】
    ・韓国飲料水メーカーが『君の名は。』をパクリ?
    ・構成は違うものの揃って飲むシーンが同じ
    ・韓国人も「日本のアニメだった」と発言

    韓国の東西食品の『マルグンティエン』というお茶のCMに日本のアニメのようなCMが使われいろんな意味で話題になっている。
    そのCMは3分ほどの内容で主人公がカメラを持ち様々な場所を撮影していく内にヒロインの女性を隠し撮りしてしまうというもの。
    隠し撮りしたときにヒロインがたまたま手に持っていたのが『マルグンティエン』で主人公はそれが気になり調べ出すという内容。
    同じバス停で再開を果たす主人公とヒロインはソウルタワーの見える場所で『マルグンティエン』を飲むという話。

    しかしこのCMの映像の一部がサントリーの『アルプスの天然水』CMに似ていると疑惑が浮上している。
    似ているCMは『君の名は。』の映像が使われている『重なる想い』篇。ストーリーは違うものの、
    後半の主人公とヒロインが一緒に飲料水を飲む場面はそっくり。まるで意識したかのようだ。

    韓国ユーザーも『マルグンティエン』のCMを見て「日本のアニメだと思った」と思い込むほどである。
    しかし『マルグンティエン』の舞台は韓国で製作も韓国によるもの。

    タイミング的に新海誠監督の『君の名は。』の人気にあやかって製作されたのではと思われる。

    『マルグンティエン』とサントリーの『アルプスの天然水』CMともにYouTubeに公開されており下記より閲覧が可能。

    http://gogotsu.com/archives/22899

    (出典 iup.2ch-library.com)


    (出典 iup.2ch-library.com)


    (出典 iup.2ch-library.com)


    (出典 iup.2ch-library.com)


    (出典 iup.2ch-library.com)


    (出典 iup.2ch-library.com)


    【【画像あり】韓国のお茶のCM 『君の名は。』のパクリ?オマージュ? 判定は? 】の続きを読む

    このページのトップヘ