話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

      ↳おどろきネタ




    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    フィリピンの国民自身は どう思っているんだろうか? 



    1 KingFisherは魚じゃないよ ★

    【8月29日 AFP】

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が、自身の推進する容赦ない犯罪撲滅作戦で大量の死者が出ていることについて、麻薬常習者は「人間ではない」と示唆して正当化していたことが分かった。

    フィリピンでは5月の大統領選でドゥテルテ氏が当選して以降、既に約2000人が殺害されており、国連(UN)は同国の人権状況に対する懸念を表明している。

    しかし、ドゥテルテ大統領は26日夜に軍の駐屯地を視察した際、兵士らに向かって「人道に対する罪だって? はっきり言えば、そもそも、やつらは人間なんだろうか? 人間の定義とは何だ?」と語っていたことが後に公開された演説原稿から明らかになった。

    ドゥテルテ大統領はさらに「人権? 脳みそがあるなら、正しい文脈で適切にこの言葉を使え。人を殺さずに戦争ができるか」と豪語し、多くの麻薬常用者は更生など到底できない連中だと主張した。

    さらに、国連をあざけり「私を刑務所に入れたいのか? あのばか者たちは、生きたまま私を捕らえられるとでも思っているのか。おお神よ、われわれは共に地獄に落ちるだろう」などと述べた。

    これに先立ち、潘基文(バン・キムン、Ban Ki-moon)国連事務総長や複数の国連関係者は、ドゥテルテ大統領が超法規的処刑を支持しているとして非難していた。

    また、人権問題に関する国連特別報告者のアグネス・カラマード(Agnes Callamard)氏は今月、ドゥテルテ大統領の命令は「国際法に照らし合わせると、暴力、殺人、犯罪を誘因する行為だ」と指摘している

    http://www.afpbb.com/articles/-/3098959


    【麻薬常習者は「人間ではない」 比大統領、超法規的殺人を正当化】の続きを読む




    (出典 blog-imgs-93.fc2.com)


    使用制限など ある程度歯止めしないと ヤバイな ほんとに近未来映画の世界だな・・・



    1 孤高の旅人 ★

    米警察が「爆殺ロボット」捜査投入 容疑者殺害 全米で波紋広がる
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/29/news057.html

    捜査現場への「ロボット」投入の是非をめぐる論議が米国で高まっている。警察官を危険にさらさないメリットが指摘される一方で、人権団体などから懸念の声が上がっている。

    【ニューヨーク=上塚真由】捜査現場への「ロボット」投入の是非をめぐる論議が米国で高まっている。先月は、警察官を銃撃した容疑者を地元警察は軍事用に開発されたロボットを使って爆殺した。危険な捜査現場で警察官を危険にさらさないメリットが指摘される一方で、警察の「軍事化」に拍車をかけるとの指摘や、人権団体などから懸念の声が上がっている。
     米南部テキサス州ダラスで7月7日、5人の警察官が銃撃された事件で、ダラス市警は、軍用プラスチック爆薬を取り付けたロボットを、遠隔操作でマイカ・ジョンソン容疑者(25)のそばまで移動させて爆発させ、殺害した。
     使われたのは米防衛機器大手、ノースロップ・グラマン社が開発した爆弾処理用ロボット。カメラが搭載され、延伸アームで約27キロの物体を動かせる。警察が容疑者殺害のために投入したのは初めてとされる。
     これまでは立てこもり事件などでロボットが重用され、危険物を調べたり、搭載カメラで容疑者と交渉したりするケースが一般的だったが、ダラス市警のブラウン本部長は「交渉が決裂し、ロボットを使用しないと警察官を危険にさらす恐れがあった」と説明した。

    以下はソース元で。


    【米警察が「爆殺ロボット」捜査投入 容疑者殺害 全米で波紋広がる】の続きを読む




    (出典 lh3.googleusercontent.com)


    わけわからん こんなことってあるの? こんなことってできるの? どうやってナイフを飲み込んだんだ?



    1 シャチ ★

    ロイター 8月22日(月)12時57分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000027-reut-int
    [21日 ロイター] - インド北部のアムリトサルで、激しい腹痛を訴えて病院に運ばれた
    男性の胃袋から40本ものナイフが発見され、医師らが摘出に成功した。

    この男性は警察官のサージート・シンさんで、激しい腹痛と食欲不振に悩まされていた。

    医師らは当初、腫瘍を疑ったが、生体検査の結果、体内に金属があることが分かった。

    シンさんによると、事故で歩行に障害が残って以来、刃物を飲み込む癖がついたという。

    すべての刃物を取り出すまでには5時間を要したが、シンさんの状態は安定しているという。


    【インド男性の胃袋からナイフ40本、病院で摘出に成功】の続きを読む




    (出典 d3kw9b2lsnxnex.cloudfront.net)


    ホントならすごいな ギネスだな でも本当か・・・?



    1 野良ハムスター ★

    妊娠期間は、およそ10カ月だ。しかし、湖南省の女性は妊娠17カ月目という長期におよんでいる。担当医によると、胎盤はまだ成長するため、帝王切開は提案していない。

    湖南省にすむ王師さんは2015年2月に妊娠がわかり、出産予定日は同年11月だった。しかし、年が変わり夏に入っても、出産に至っていない。

    医師は、胎盤がまだ成長しきっていないため、帝王切開をすすめられないという。生活上の動きが制限される妊婦生活に不便に思う王さんは、18カ月目に入るまでに帝王切開を望んでいる。

    王さんは30回近く検診し、超音波検査も4回行った。検査費用は1万数千元(約16万円)にかさんだ。しかし、結果は毎度同じで、出産傾向はない。

    一方、王さんの77歳の祖母は、すこしも悲観していないようだ。「孫の嫁のお腹には『皇帝』がいるのです。今の医学は発達しているので、赤ちゃんが亡くなってしまう心配はしていない。生まれてくるのが楽しみです」。

    専門家は、医学上で妊娠13カ月目に出産したケースはあったが、王さんのように17カ月という長い期間に至ったケースはなく、まだ原因は解明できていないという。

    http://www.epochtimes.jp/2016/08/26039.html


    【中国・湖南省の女性、昨年11月の出産予定日を過ぎ、現在「妊娠17カ月」…胎盤はまだ成長中】の続きを読む




    (出典 images.china.cn)


    なかなか楽しそうだな 働きすぎな日本にこそ導入したいイベントだな・・・



    1 brown_cat ★

    路上のベッドでゆっくり休息、コロンビアで「世界怠惰の日」
    2016年08月16日 16:40 発信地:イタギ/コロンビア

    【8月16日 AFP】コロンビア北西部アンティオキア(Antioquia)州イタギ(Itagui)で14日、ゆっくり休息を取り自分の時間を楽しむ
    「世界怠惰の日(The World Day Of Laziness)」のイベントが行われた。思い思いのキャラクターに扮(ふん)した参加者らは
    路上のベッドの上でゆっくりと時を過ごした。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3097527

    コロンビア北西部アンティオキア州イタギの路上にベッドを置きくつろぐ人々(2016年8月14日撮影)。(c)AFP/RAUL ARBOLEDA


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【画像あり】路上のベッドでゆっくり休息、コロンビアで「世界怠惰の日」】の続きを読む




    (出典 www.jiji.com)


    これはまあ・・・うん いやしかし・・・うん まあその・・・うんやっぱり・・・・・・



    1 ニライカナイφ ★

    ◆中国系アメリカンのミス・ミシガンに祖国から大ブーイング「アメリカ人は女を見る目がない」

    米国の各州で「ミス・アメリカ2017」の代表が続々と決定している中、ミシガン州で代表に選ばれた中国系アメリカンの女性が祖国である中国の人々の心無い言葉に泣かされている。

    このほど「ミス・ミシガン」を選ぶコンテストで優勝を果たしたアリアナ・クアンさん。
    現在23歳になるアリアナさんは、北京で生まれ6歳の時に家族で米国に移住し、14歳で米国に帰化。中国語と英語に堪能で特技はピアノの演奏だそうだ。
    そんなアリアナさんは、9月に本選が行われる「ミス・アメリカ2017」にミシガン州を代表して出場することになる。

    現在の彼女はモデルとして活躍する傍ら、デトロイトの「College For Creative Studies」という大学で交通デザインを学んでいる。
    「将来は車関連のデザイナーになりたいです。父も自動車産業に従事していますが、そこはまったくの男社会。

    自動車の輸出入をはじめ、もっと女性の能力が発揮されてもよい世界だと信じています」と語るなど明確なビジョンと豊かな野心の持ち主でもあるアリアナさん。
    日常の様々な経験から身に備わった信念と誇りを胸にこのたびのコンテストに出場し、見事No.1に輝いた。

    移民が多く暮らす米国とはいえ、ミシガン州の人種構成をみれば約8割が白人で黒人は2割未満。
    アジア人など0.2割という環境にあってアリアナさんの人生は決して平凡なものではなかったはずだ。

    そんなアリアナさんにミシガン州の人々は大きな拍手を贈っている一方で、残念ながら彼女のルーツである中国の大勢の人々がSNSでブーイングを唱えていることを『shanghaiist.com』などが伝えている。

    「*を選ぶコンテストなの?」「アメリカ人は女を見る目がない」「いや、アメリカではこういうタイプを“アジアンビューティ”と呼んで好むらしい」などと喧々囂々の中国人たち。
    女の嫉妬どころか男性からも寄せられている残酷な評価をアリアナさんはどう感じているであろうか。

    中国における美人コンテストは出場者に主義主張を語らせることはロクにせず、極端に肌を露出させたビキニ姿、美容整形や濃い化粧を含めた美貌で美を競わせるものといっても過言ではない。
    内面の美しさや努力で女性が評価される時代はまだまだ先といったところであろうか。

    写真:ミス・ミシガンに選ばれるも叩かれっぱなしの女性(出典:http://nextshark.com)

    (出典 japan.techinsight.jp)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    Techinsight 2016年07月30日 16:02
    http://japan.techinsight.jp/2016/07/yokote201607301159.html

    前スレ(1が立った日時:2016/07/31(日) 13:15:31.26)
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1469938531/


    【【画像あり】中国系米国人のミス・ミシガンに祖国から大ブーイング「何がアジアンビューティーだ!米国人は女を見る目がない」】の続きを読む




    (出典 commonpost.info)


    炭疽菌ってどっかで聞いたと思ったら オウム事件の時か・・・



    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ニククエW 8148-tFVd)

    トナカイの死骸から炭疽菌感染か、13人入院 シベリア西部

    シベリアのトナカイが炭疽菌で大量死。人間にも感染が広がった可能性がある
    2016.07.29 Fri posted at 13:14 JST

    (CNN) ロシアのシベリア西部で炭疽菌(たんそきん)の感染が広がり、ヤマロネネツ自治区の当局者によると、28日までに13人が入院した。
    ロシア農務省の専門家は、75年前に*だトナカイの凍結死骸が暑さで解けて感染源になったと推定している。

    同地ではこの1カ月あまりでトナカイ1200頭が死に、当局は当初、熱波が原因と見ていた。この1カ月の最高気温は35度と、同地としては異常な暑さを観測していた。

    しかし詳しく調べた結果、トナカイの死因は炭疽菌だったことが確認された。

    入院した患者が炭疽菌に感染しているかどうかはまだ確認されていない。しかし感染を想定して抗生剤を使った治療を受けているという。

    専門家は、炭疽菌に感染したトナカイの凍結死骸が暑さのために解け、熱波で弱ったトナカイがそれを食べて、遊牧民にまで感染が広がったと推測する。

    ロシアの専門家によると、同地で炭疽菌の感染が広がったのは1941年以来。1968年以降は感染事例は確認されていなかった。

    米国立衛生研究所の専門家によると、炭疽菌には切り傷などから胞子が入り込む皮膚感染と、食肉に起因する胃腸感染があり、
    皮膚感染の場合はおよそ5~10%の確率で死亡する。胃腸感染の場合、死亡率はもっと高いという。

    ヤマロネネツ自治区の人口約50万人のうち、1万5000人は遊牧民として生活する。当局はウラル北部のヤマル地区で、遊牧民世帯を集団で避難させた。

    当局は9月まで隔離を続け、住民や家畜に現地で検査を受けさせたりワクチンを接種するなどの対応を進めるほか、近く動物の死骸の回収と焼却に乗り出す方針。
    http://www.cnn.co.jp/m/world/35086652.html


    【75年前に死んだトナカイの凍結死骸が暑さで解けて炭疽菌の感染源に 人間にも感染した模様】の続きを読む

    このページのトップヘ