話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

      ↳その他ネタ




    (出典 29dama-1026.c.blog.so-net.ne.jp)


    ホントいい笑顔だな・・・ いろんな意味で悲しくなる話だな・・・



    1 テキサスクローバーホールド(東京都)@\(^o^)/ [US] :2016/10/18(火) 14:48:08.32 ID:Vj8HlXcO0.net BE:902871952-PLT(12000) ポイント特典

    かわいそうなだけの子でない/青森中学生自殺 遺族が写真、氏名公表
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-18110127-webtoo-l02


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    > 今夏の黒石よされ写真コンテストで、最高賞の黒石市長賞に内定していた作品だ。
    > 撮影された10日後に自殺した青森市の浪岡中学校2年の女子生徒(13)だと審査後に判明し、
    > 主催した黒石よされ実行委員会が一転、内定を取り消していた。
    > 遺族は17日、撮影者から提供を受けていた作品を本紙に公開。


    【写真コンテストで最高賞内定→写っている女の子が自殺したと判明→内定取り消し→ご遺族が写真公開】の続きを読む




    (出典 kuroishi.or.jp)


    取り消しても取り消さなくてもたたかれたろうな・・・ だったら遺族の許可も取れてたんだから 取り消さないほうが良かったと思うが・・・



    1 イス攻撃(東日本)@\(^o^)/ [DE] :2016/10/17(月) 13:53:24.19 ID:Jo2T9HhB0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    8月の黒石よされ写真コンテストで、主催した青森県の黒石よされ実行委員会が、最高賞の黒石市長賞を内定した後、一転して取り消したことが16日、分かった。

    内定後、作品に写った津軽手踊りを舞う少女は自殺した浪岡中学校2年の女子生徒=青森市=と分かり、内部から「波風を立てない方がいい」など異論が出て、
    再協議したという。

    市長賞にいったん内定した写真は8月15日に撮影。生徒は同25日に亡くなった。撮影者の男性=青森市=は生徒と面識はなく、亡くなる前に応募したという。

    実行委は内定した今月11日、被写体の踊り手が所属する団体に連絡した際、この生徒と把握。「関係者の承諾があれば良い」と考え、
    撮影者や遺族に事情を説明し、授賞や写真公表の快諾を得ていた。

    しかし、13日夜、実行委の担当者や審査員らの再協議の結果、内定取り消しを決めた。翌14日、事務方が撮影者に受賞の辞退を要請し、了承を得た。
    遺族にも経緯を説明した。

    コンテスト責任者の須藤重昭・元黒石観光協会長は、16日までの取材に「写真が公になり、さまざまな臆測が出ることを懸念した」と話した。

    また、黒石よされ名誉大会長の高樋憲・黒石市長も13日の再協議前、実行委に「被写体がそういう方で良いのか」と懸念を伝達。
    取材には「亡くなった人が被写体の作品を審査対象にするべきではない」との考えを示した。実行委員長の村上信吾・黒石商工会議所会頭は、
    一連の経緯を15日に初めて知った-とした上で「市長の考えを尊重する」と答えた。

    生徒の父親は「(受賞内定を)家族みんなで喜んだのに突き落とされたような思い。(取り消しの理由は)面倒に巻き込まれたくないと言っているように聞こえる」と話している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-17111219-webtoo-l02


    【内定一転 最高賞取り消し 黒石写真コンテスト、被写体に自殺中学生 ざまざまな憶測が出ることを懸念】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)
    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイW 1bbe-iI/C) :2016/10/15(土) 11:09:00.03 ID:uZWR383g0.net BE:376884572-PLT(12000) ポイント特典

    2016.10.14.在宅勤務のお客様対応スタッフを大募集!
    入社日:11月15日
    ※ご応募の受付けは10月26日までを予定しています

    http://www.amazon-jobs-jp.com/cs/guideline.html
    雇用形態 契約社員(契約期間:6ヶ月、一定条件の下、更新あり)
    給与 時給1000円
    ※入社後3ヶ月間は試用期間(条件の変更無し)
    ※22:00-翌5:00までは時給25%アップ
    ※給与支給は末日締め、翌月25 日払い ※残業代別途支給
    待遇 時間外手当有、社会保険完備(社会保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)、社員割引購入制度有
    賞与 インセンティブ年4回(勤怠・成績・会社の業績に応じ支給)
    休日・休暇 シフト制により月10日休日(年間休日120日)

    勤務地 ご自宅 ※募集地域:全国
    勤務時間 ① 早朝から夜間のうち実働8時間(土日祝日を含むシフト制)
    <シフト例>
    (1) 7:00~16:00
    (2) 9:00~18:00
    (3) 14:00~23:00
    (4) 8:00-12:00,18:00-22:00
    (5) 9:00-13:00,19:00-23:00
    ※体調面を考慮して、シフトは原則1ヶ月同じ時間帯で固定です。
    ※トレーニング期間(約1か月)は9:00-18:00の時間帯で勤務していただきます。

    ② 夜間から早朝のうち実働8時間(土日祝日を含むシフト制)
    <シフト例>
    (1) 21:00~6:00
    (2) 22:30~7:30
    ※シフトは原則1ヶ月同じ時間帯で固定です。
    ※トレーニング期間(約1か月)は21:00-6:00の時間帯で勤務していただきます。
    ※入社後3-4日目に、日中にいちどオフィスにお越しいただく必要があります。

    ③ 24時間のうち実働8時間(土日祝日を含むシフト制)
    <シフト例>
    (1) 7:30~16:30
    (2) 9:00~18:00
    (3) 9:00~13:00、19:00~23:00
    (4) 13:30~22:30
    (5) 21:00~6:00
    (6) 22:30~7:30
    (7) 17:00~26:00
    ※上記のように夜勤を含む全てのシフトにご対応いただきます。
    ※体調面を考慮して、シフトは原則1ヶ月同じ時間帯で固定です。


    【【求人】アマゾン様が在宅勤務のスタッフ大募集中!契約社員・月10日休み・社保完備・社割あり・ボーナスあり・時給1,000円】の続きを読む




    (出典 news.nifty.com)


    やばいな・・・ このままじゃ本当に「迷宮入り」になりそう・・・ 冗談じゃないぞ!



    1 DQN ★ :2016/10/14(金) 18:47:15.74 ID:CAP_USER9.net

     横浜市神奈川区の大口病院で起きた“点滴連続殺人”に新展開だ。事件は4階の終末期病棟に入院していた八巻信雄さん(88)と西川惣蔵さん(88)が9月に入り、立て続けに死去。

    点滴から有毒の界面活性剤が検出されたことから一気に広がりを見せた。点滴袋のゴム栓に貼られた保護シールには極小の穴が開いており、犯人はそこから注射針を刺し、毒物を混入させた可能性が高い。その手口から医療従事者、それも内部犯行が疑われているが…。

    「当局はすでに犯人の目星をつけていて、マスコミの間では『10月上旬にも逮捕』と騒がれていたのですが、一転、迷宮入りしそうな雲行きなのです」とは社会部記者。

     原因は捜査を担当する神奈川県警の“初動捜査ミス”だという。
    「この病院をめぐっては、8月までに看護師の服が切られたり、患者のカルテが抜き取られたり、同僚のペットボトルに異物が混入されるなどの“危険な兆候”が横浜市の健康福祉監察課と県警の方に寄せられていた。しかし、市は再発防止を促しただけで、警察も捜査に乗り出すことはしなかった。通報したのはこの病院の看護師。事件が発覚して、慌ててその看護師に事情を聴いたがあとの祭りだった」(同)。

     同病院にはフロアごとの防犯カメラはなく、唯一正面玄関の天井部分にカメラが設置されているが「それも録画機能のないダミーカメラ」(別の記者)という。物証に乏しい上、市が再発防止を求めた8月の段階で、犯人が万が一に備え、証拠隠滅を図った可能性は十分ある。

     同病院では八巻さん、西川さん以外に2カ月間で40人以上が亡くなっている。県警はひとつひとつの死亡データを洗い、手がかりを探そうとしているが「ここに入院する人は大半が終末期の人で、『病死』で処理するのがルーティンになっている。病院側の隠蔽体質も相まって、遺体に不審な点があっても、死亡診断書に記すようなことはしない。つまりお手上げということだ」(現場記者の1人)。

     頼みの綱は犯人本人の自供だが、関係者によると「本ボシと見られる女性看護師は事情聴取で疑惑を完全否定。そればかりか涙ぐみながら『ほかの患者さんがかわいそうです』と訴えた」という。

     こうして当初、スピード逮捕が期待された事件は一転して「迷宮入り」も想定される事態に…。焦る当局内部では、状況証拠だけで強引にでも立件しようとするグループも出てきているというが、万が一公判維持できなかった場合、責任問題に発展することは確実だ。事件はどのような結末を迎えるのか――。

    tocana:http://news.biglobe.ne.jp/trend/1012/toc_161012_4928793434.html

    ★2:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476339307/


    【【横浜点滴連続殺人】大口病院 隠蔽体質で迷宮入りか “危険な兆候”たくさんあったのに…! 県警の初動ミス】の続きを読む




    (出典 xn--v8jub4hc5442g.net)


    犯人は特定されてるだろうに 進展が見られないのは 物証か・・・? 迷宮入りだけは避けてほしい・・・



    1 DQN ★ :2016/10/08(土) 22:17:06.14 ID:CAP_USER9.net

    2016.10.07 07:00

     神奈川県横浜市の大口病院で発生した、連続殺人事件。「慢性期」と呼ばれる末期がんや重度の脳梗塞の患者が入院する同院4階の一般病棟で、2人の患者が相次いで中毒死した。いずれも点滴に異物が混入されたものとみられている。

     点滴による連続殺人が発覚する直前、大口病院の4階ナースステーションではトラブルが相次いでいた。

     最初に起きたのは今年4月の注射針“針山”事件だ。ナースステーションに置かれていたある看護師の筆箱に、10本以上の注射針が刺され、針山のような状態になっていたという。

     ナースステーションが無人になったときを狙って行われた卑劣な行為は、それだけでは止まらなかった。

     同じ4月には、ナースステーションの壁に掛けられていた看護師の白衣が切り裂かれる事件が発生する。1か所ではなく、はさみなどの刃物で何か所も執拗に切り刻まれていたという。

     今年6月には4階の入院患者のカルテがなくなり、後に別の階の看護部長の机から見つかる騒動も起きている。

     そして8月。大口病院を退職する職員から差し入れられたペットボトル飲料を飲んだ看護師スタッフの唇がただれるなどの被害があった。においもおかしかったのでよく調べると、ペットボトルの上部に注射針程度の穴が開いていた。事務部長が口に含んでみたところ、漂白剤のような味がしたという。その後に発覚する点滴殺人の序章ともいえる事件の数々。この時点でなぜ病院サイドは問題解決に手を打たなかったのか。

     一連の凄絶ないじめのターゲットにされたといわれているのは、4階担当の若い看護師・Aさんだった。実はAさんは8月、「病院から嫌がらせを受けている」と神奈川署に相談。8月末から休職し、9月末に病院を退職している。

    「“針山”事件に、白衣切り裂き事件、ペットボトル飲料異物混入事件。それらのトラブルの原因の1つは、ナースステーションで起きていた病院内人事についてのいざこざだと噂されています。人事査定でえこひいきがあったり、自分だけ忙しい仕事を回されたりしているといった不平不満があり、看護師同士で言い争いになったこともあったようです」(病院関係者)

     こうしたトラブルを見かねたのか、Aさんの同僚看護師・Bさんの家族が横浜市にメールで通報。ネット上でも大口病院でのトラブルを告発した。通報メールを受けた横浜市健康福祉局の話。

    「たしかにそうしたトラブルの告発がありました。ちょうど9月2日に大口病院に対する年に1回の立ち入り検査が予定されていたので、病院に事実関係を確認したところ、病院側は大筋で認めたので、口頭で注意しました」

     高橋洋一院長は看護師から聞き取りをしたものの、「職員間のいじめ」として警察には相談せず、「誰がやったかも特定しなかった」という。とはいえ、「ペットボトル飲料への異物混入事件では、容器に注射針のようなもので漂白剤が混入されていた。点滴に注射針で消毒剤を混入させた事件と、やり方があまりにも酷似しているし、“針山”事件も注射針を使ったものだった」(前出・病院関係者)というから、この時の病院側の杜撰な対応によって、連続殺人を防げなかった可能性も否定できない。

     いじめ被害を受けたとされるAさんとトラブルを抱えていたと見られているのが、同じく4階担当の看護師・Cさんだった。

    「Cさんは極度の潔癖性。寝たきりの患者に暴言を吐いて注意されたこともあり、院内では“変わり者”として扱われていた」(別の病院関係者)

     Cさんの母親に話を聞いた。

    「娘は大口病院に勤務を始めてから、まだ1年ちょっとです。病院関係者ですから事情聴取は受けています。まだ犯人が逮捕されていないのでグレーといえばグレーですが、異物が混入されていたとされる17日から18日の朝にかけては、うちの娘は勤務していませんでした。やましいことはないので、今も普通に出勤して働いています…」

    ※女性セブン2016年10月20日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20161007_454900.html

    ★4:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475896703/


    【【横浜点滴連続殺人】大口病院 現場病棟で看護師同士のいじめトラブル】の続きを読む




    (出典 tk.ismcdn.jp)


    日本の着物文化ってどうなっちゃうんだろ・・・? 



    1 蝙蝠傘子 ★ :2016/03/11(金) 01:42:26.34 ID:CAP_USER*.net

    ユニーグループ・ホールディングスの子会社で東証1部上場の和服販売「さが美」は、ホームファッション事業からの全面撤退および、きもの事業における不採算22店舗の閉鎖を発表しました。

    ホームファッション事業は低迷が続いており、同社の営業損失の大半が同事業を要因としていることから、将来的な業績回復は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

    なお、ホームファッション事業については事業譲渡もしくは店舗閉鎖により事業を終息し、きもの事業の店舗閉鎖については2017年2月20日までに行う予定で、従業員の処遇については検討中とのことです。


    不景気ニュース 2016年3月10日 16:29
    http://www.fukeiki.com/2016/03/sagami-pullout-home-fashion.html

    依頼295


    【和服販売「さが美」がホームファッションから撤退、きもの事業も22店舗閉鎖】の続きを読む




    (出典 gatyapin.info)


    この事件も大詰めを迎えているようだな・・・ 証拠固めの段階か・・・?



    1 DQN ★ :2016/10/03(月) 12:19:04.84 ID:CAP_USER9.net

     神奈川県横浜市にある大口病院で発生した連続変死事件。点滴に界面活性剤を混入し、抗うことができない高齢者を次々に死に至らしめるという犯行は、病院に救いや安心を求める人々を恐怖に陥れた。捜査関係者がため息まじりに話す。

    「最近、医療施設や老人ホームでは、職員や入居者間で様々なトラブルを抱えている。犯行の動機を含め、解明すべきことは山ほどある」

     今回の連続変死事件の“最初の”犠牲者は9月20日に死亡した八巻信雄さん(88)だった。終末期患者の多い同病院では“よくある不幸”と思われたのも束の間、その2日前に死亡していた西川惣蔵さん(88)も中毒死だったことが判明する。さらに2人が入院していた4階フロアだけで7月から9月にかけて約50人もの患者が亡くなっていたこともわかった。

     患者の家族からはこんな不安の声も上がっていた。

    「夜でも誰でも出入りできるような状態だった。ホームレスらしき人が待合室でくつろいでいたこともある。“どこか具合が悪いの?”と声をかけたら、“ただの雨宿りだよ”って」

     事件発覚直後から杜撰な管理体制が指摘されたため、外部の不審者など多くの人物が捜査対象になったという。だが、点滴に異物を混入させるには一定の専門知識が必要という見方が強まっていく。被害者の2人が入院していた4階病棟は寝たきりの患者が多く、自由に歩き回れる人は少ないことから有力視されたのが「内部犯行説」だった。

    「殺人事件を扱う捜査一課が捜査に当たり、現場となった4階で働く看護師、話のできる状態の患者に重点的な聞き込みが行なわれた。すると今年に入ってから、看護師たちの間でトラブルが続出していたことがわかった。その中で、“あの子が事件について詳しく知っている”と名指しされた看護師もいた」(捜査関係者)

    ◆ナースステーション内のトラブル

     続出したトラブルとは次のようなものだった。今年4月、4階のナースステーションにあった看護師のエプロンが切り裂かれる“事件”が発生。

     6月にはある患者のカルテ数枚が抜き取られ、8月に入ると、看護師の飲み物に異物が混入される騒動が起きた。異臭に気づいて事なきを得たが、ペットボトルの上部には注射針ほどの大きさの穴が開いていたという。

    「一連のトラブルについて、ある男性が横浜市に告発メールを送っていたが、この男性は4階ナースステーションの看護師の夫。エプロンを切り裂かれた被害者で、彼は妻から相談を受けて通報したようだ」(前出・捜査関係者)

     告発を受けて、とうとう大口病院が神奈川県警に相談。9月2日には市が定期立ち入り検査でトラブル再発防止を病院側に指示したものの、“犯人”はわからず仕舞いだった。病院関係者が明*。

    「看護師間にあったトラブルは、院内人事が原因だったと見られています。ある看護師は“勤務評価に依怙贔屓がある”と不満をぶちまけ、“私は差別されている”“あの子は点数稼ぎばかりしている”などの言い争いも起きていた」

     そうした中での捜査で事件の鍵を握る人物として浮上してきたのが、ある看護師の名前だった。メディア関係者は、その看護師の自宅やトラブル相手と見られた同僚看護師らの自宅に殺到した。彼女らの姿を隠し撮りするテレビ局もあった。

    「4階の看護師たちは、西川さんも中毒死だとわかって以降、マスコミへの対応は一切しなくなりました。“総務部長から絶対に喋るな”と厳命されたようです」(前出・病院関係者)

    ※週刊ポスト2016年10月14・21日号
    NEWSポストセブン:http://www.news-postseven.com/archives/20161003_453189.html


    【【大口病院連続変死事件】院内人事に絡み看護師間トラブルも】の続きを読む

    このページのトップヘ