話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

      ↳まじめなネタ



    (出典 trafficnews.jp)
    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/02/17(金) 14:56:57.27

    ■赤字175億円に、維持費が435億円

    昨年11月、営業距離の約半分に当たる10路線13区間を「単独では維持困難な路線」と発表し、大きな波紋を呼んだJR北海道。

    さらに今月8日には、上記のうち7路線8線区の今後20年間の維持費用(修繕・更新費用)の概算が、435億円にも上ることを公表した。

    折しもJR北海道の今年度の決算は、過去最悪の175億円の赤字となる見込み。もはやJR北海道の存続は風前の灯なのか――?

    『鉄道復権』(新潮選書)などの著書で知られる宇都宮浄人・関西大学教授(交通経済学)に話を聞いた。

    ■なぜ北海道庁の姿勢が変わったのか

    ――JR北海道の路線維持費用の概算を見て、どう思いましたか?

    「トンネルや橋梁の老朽化、予想はされてましたが、やはり深刻ですね。今回の大規模改修線区一覧に入らなかった区間(※)をどうするかという問題も気になりますが、
    とにかく事故が起きてからでは遅いので、まずは発表された7路線8線区の大規模修繕・更新にしっかり取り組んでほしい」


    大規模改修線区に入らなかった一つ、札沼線・豊ヶ岡駅(写真:Naoki.I)

    ※大規模改修線区一覧に入らなかった区間
    日高本線(鵡川~様似間)
    根室本線(富良野~新得間)
    室蘭本線(深川~留萌間)
    札沼線(北海道医療大学~新十津川間)

    ――たたでさえJR北海道は万年赤字体質なのに、維持費が435億円もかかるのでは経営が成り立たないのでは?

    「もちろんJR北海道単独では不可能です。だから、前にも申し上げた通り、線路や信号などのインフラ部分については国と自治体が資金面で支え、J
    R北海道は車両の運行管理だけに責任を持つ〈上下分離方式〉を導入すべきです」

    宇都宮浄人・関西大学教授(交通経済学)の著書『鉄道復権』

    ――でも、民間ビジネスに税金を投入するのは、世論が納得しないのでは?

    「〈移動の自由〉は、海外では基本的な人権の一つと考えられており、鉄道インフラの維持管理に公的資金を投入するのは当然のこととされています。
    日本でも、車やバスが走る自動車道路の建設費や維持費が公的資金で賄われていますが、それと同じことです」

    ――言われてみればその通りですが、鉄道会社の自助努力で何とかならないものでしょうか?

    「JR北海道が昨年〈維持困難路線〉を発表した際、高橋はるみ・北海道知事が一切支援する姿勢を見せず、すべての責任をJRに丸投げするかのようなコメントを出したら、
    多くの道民から〈あまりに無責任だ〉と批判が殺到しました。もはやJR北海道の自助努力ではどうにもならないことに、道民も気づいているのだと思います」

    http://news.livedoor.com/article/detail/12686363/
    2017年2月17日 11時45分 デイリー新潮


    (出典 image.news.livedoor.com)

    大規模改修線区に入らなかった一つ、札沼線・豊ヶ岡駅(写真:Naoki.I)

    【「JR北海道」が大赤字でマジヤバい 救済策はあるのか?!】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)
    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/02/13(月) 12:46:26.11

    まるでまな板の上のマグロ、である。昨年末、7000億円に上る巨額損失の存在を明らかにした巨漢「東芝」。
    不祥事連続の「墜ちた名門」に回復の力は最早なく、今後のシナリオは「解体」の二文字しかないという。

     ***

    「第二の野澤」――。

    東芝社内で、綱川智社長はそう呼ばれているという。

    「社員は悪くありません!」

    1997年の倒産時、テレビカメラの前で涙ながらに叫んだ姿をご記憶の方も多いだろう。山一證券最後の社長・野澤正平氏のことである。

    経済誌の記者が言う。

    「野澤さんはただマジメ一辺倒なだけで、社内政治に疎く、社長候補とも目されていなかった。
    経営危機で瀕死になった山一経営陣に最後にトップを押し付けられただけでした。
    綱川さんもそれと似ている。東芝の中では傍流部門の出身で、性格は温厚。
    しかし、社内での権力基盤は弱く、情報もほとんど把握できていません。問題となった損失も発表の数週間前に知らされたくらいです」

    ちょうど20年の時を経て、当時の山一と、今の東芝に共通する同じ“匂い”。
    当時の山一が債務隠し、現在の東芝が不正会計に手を染めていたことも合わせれば、他ならぬ東芝社員自身が、「Xデー」を敏感に感じ取っているのも無理はない。

    昨年12月27日に東芝が発表した、原子力事業での特別損失問題。年が明け、その額は7000億円にも上る見通しであることが報じられている。

    ■絶体絶命

    これが東芝に何をもたらすのか。

    「ポイントは、この3月末の決算で、東芝が債務超過になる恐れが生まれたということです」

    と言うのは、全国紙の経済部デスク。

    債務超過とは、家計で言えば、保有する資産の額を、負債額が上回ることを言う。
    つまり、貯金に加え、家から車からすべてを売却しても、なお債務が残る経済状況ということだ。
    東証上場企業の場合、債務超過になり、1年以上それが解消されないと上場廃止となる。
    何より、銀行との取引が難しくなるし、納入業者から現金での決済を求められる場面も出てくるであろう。

    デスクが続ける。

    「東芝の現在の自己資本は約3600億円。これに今期の利益の見通しである、1450億円を足したとしても、約5000億円にしかなりません。
    そこに7000億円の損失が乗っかるワケですから、東芝は残り2000億円以上を3月までに調達する必要があるのです。
    普通の会社なら、それを逃れるために、増資などの手段に出る。
    しかし、東芝は2015年の不正会計の罰として、東証から『特設注意市場銘柄』に指定されているため、市場からの資金調達は、事実上できませんから……」

    http://news.livedoor.com/article/detail/12665823/
    2017年2月13日 8時0分 デイリー新潮

    【東芝、「絶体絶命」大幅赤字....近づくXデー 大解体ショーはじまるか?!2月14日発表】の続きを読む



    (出典 www.aderans.co.jp)
    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/02/10(金) 09:54:41.79

    まっすぐに天に向かって伸びる「カツラ」の木は縁起がいいんだそうだが、頭に載せる「カツラ」はこのところ売れないそうな。
    おかげでアデランスは業績が伸びるどころか急降下。上場廃止が決まって、創業社長の「カツラ御殿」も、すでに取り壊されていた。

     ***

    高級住宅地の代名詞、世田谷区成城3丁目の角地にドーンと構える、コンクリート造りにタイル張りの瀟洒なお屋敷。
    アデランスの創業社長兼会長、根本信男氏が構えた桂離宮ならぬ通称「カツラ御殿」が、更地になっているのである。

    「取り壊されたのは昨年12月。あの辺りは坪単価が200万円前後です。
    あのお屋敷は950平方メートル、つまり290坪ほどありましたから、6億円ぐらいにはなったのではないでしょうか」(地元の不動産屋)

    社長夫妻は渋谷区内のマンションに転居していたが、このタイミングに、「やっぱりなあ」という声が漏れ聞こえてくる。経済紙の記者によれば、

    「今、アデランスは、スカイマークなどの再建を手がけた投資会社インテグラルに頼んでMBO、つまり経営陣が参加する買収を実施。
    2月中旬には上場が廃止される予定です。実際、1月16日に発表された昨年3月から11月期の連結決算は、最終損益が11億円の赤字になっています」

    そんな真っただ中の御殿売却だったのである。

    それにしてもアデランスに、いったいなにが起きているのか。経済誌の専門記者に解説をしてもらう。

    「これまでカツラ業界はアデランスとアートネイチャー2社の独占状態で、以前は男性カツラが中心でした。
    それが近年、年をとってもキレイでいたいという60歳超の女性の需要が伸び、今や顧客のメーンは女性になっています。
    テレビのスポットCMを観た人からの電話にていねいに応対し、高いものでは80万円はするオーダーメイドや、レディメイドで数万円のウィッグを買ってもらう。
    ところがここ2年ほど、小林製薬や資生堂という大手を筆頭にエステや通販会社などまでが、5000円から1万円ほどの安いウィッグを出しはじめ、顧客をすっかり奪われてしまったのです」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00517540-shincho-soci
    デイリー新潮 2/10(金) 5:57配信

    【アデランス上場廃止、創業社長は「カツラ御殿」を売却........果たしてその理由はwwwwwww】の続きを読む



    (出典 tunnellove.cocolog-nifty.com)
    1 海江田三郎 ★ :2017/02/08(水) 10:32:30.45

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0366316.html

    (出典 dd.hokkaido-np.co.jp)


    福島】津軽海峡の海底下を通る青函トンネルのうち、排水や換気の役割を担う「先進導坑」内部で、
    幅が縮んだり底部が隆起するなどのゆがみが発生していることが7日、関係者への取材で分かった。
    青函トンネルは海底よりさらに深い場所に位置し、外側から高い圧力を受け続けていることが原因とみられる。
    北海道新幹線が走るトンネル本坑への影響は出ていないものの、トンネルを所有する鉄道建設・運輸施設整備支援機構やJR北海道は、近く抜本的な対応策を講じる方針だ。

     ゆがみが生じているのは青函トンネルのうち、先進導坑の渡島管内福島町付近の一部区間。
    坑内は幅約4メートル、高さ約3メートルで、現状では路盤が最大約5センチ盛り上がっているほか、幅も最大約5センチ縮んでいる。
    新幹線や貨物列車が通る本坑部分や、並行して掘られている作業坑などではゆがみは確認されておらず、安全上の問題はないという。


    (出典 trafficnews.jp)

    【青函トンネルの一部にゆがみ発生が確認される 高圧が原因か】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/27/news103.html

     ブックオフは1月27日、2017年3月期の連結業績予想を下方修正し、営業損益が4億円の赤字に
    なる見通しだと発表した。従来予想は8億円の黒字だったが、主力の書籍やソフト、アパレルの販売が低調。売上高が想定を下回り、2期連続の営業赤字を見込む。

     3億5000万円の黒字を見込んでいた最終損益も、繰延税金資産の取り崩しを迫られることで13億円の赤字に修正する。
    最終赤字は2期連続。配当予想も年間10円に下方修正し、前期の25円から減配となる。

     責任を明確化するため、松下展千社長の月額報酬を20%カット(6月まで)するなど、役員報酬の減額を実施する。

     売上高は前回予想から50億円減の800億円。主力商材の販売が低調で、秋口から年末年始にかけて追加で
    各種セールを実施したものの、回復効果は限定的で、既存店売上高は前年並みにとどまった。ブックオフオンライン、ハグオールも想定を下回った。

    【ブックオフがガチやばい!このままだとwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)
    1 砂漠のマスカレード ★ :2016/12/12(月) 12:08:45.85

    父と娘で経営権を争ってから1年半。大塚家具が苦境に陥っている。
    2016年12月期は最終赤字が確定的で、内紛の傷が癒えるどころか、早急な止血に追われている。(「週刊ダイヤモンド」編集部 泉 秀一)

    家具販売大手の大塚家具が、創業地である埼玉県春日部市で土地売買契約を進めようとしている。

    この契約は、ショッピングセンター「イオンモール春日部」の向かいに同社が所有する約5000坪の空き地を不動産投資ファンドに売却するというもの。
    広大な土地には20億円を超す値が付けられ、関係者によると「年内にも譲渡される予定」だという。

    大塚家具はこの土地を「物流を効率化するための拠点として、2014年に12億~13億円で取得した」(大塚家具OB)。
    売却が完了すれば、およそ10億円規模の特別利益が発生することになる。

    一見、何の変哲もない取引だが、同社にとっては重要な案件だ。

    大塚家具は16年12月期の第3四半期までの9カ月(1~9月)累計で41億円の純損失を計上した。
    10月以降も業績は伸びず、11月の店舗売上高は対前年同月比59%。
    前年同時期に実施したセールの影響を考慮しても落ち込みは大きく、赤字を止血できずにいる。

    土地売却は赤字を補填することだけが目的ではない。現預金は期初の110億円から、第3四半期には20億円に減少。
    業績が悪化する中で、株主に支払う配当金の原資を用意するためにも早急に現金を手当てしなければならないのである。

    15年3月の株主総会で大塚久美子社長と大塚勝久前会長の委任状争奪戦が繰り広げられた際、
    同社は株主に対して15年12月期~17年12月期の3年間の期末配当を1株当たり80円にすると約束した。

    業績が悪化している現在も「配当金は80円で変えない方針」(同社)で、来年3月の株主総会で承認されれば、15億円の配当金の支払いが生じる。

    勝久前会長の時代から無借金経営を続けているため負債はない。自己資本比率は73%と高いので、銀行が資金を借す可能性はある。
    ただし、財務改善に向けたリストラは求められよう。今のところ、そうした案は対外的には示されていない。

    借り入れができなければ、手元資金が底を突くのは時間の問題だが、春日部の土地を売却すれば、20億円程度の現金が手元に入ってくるため、当面を乗り切れる。
    だからこそ、「年内の売却を目指して、急ピッチで契約を進めている」(前出の関係者)という。

    もっとも、同社は「現時点では土地は物流センターとしての活用を計画しながら、あらゆる選択肢を検討している」と説明する。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161212-00110904-diamond-bus_all
    ダイヤモンド・オンライン 12/12(月) 6:00配信

    前スレ                 2016/12/12(月) 08:48
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1481500122/

    【【検証】大塚家具が業績悪化で窮地、久美子体制2つの過ち】の続きを読む


    (出典 livedoor.blogimg.jp)
    1 シャチ ★ :2016/11/22(火) 04:42:35.04 ID:CAP_USER9.net

    プラグインハイブリッド車の充電中に火が出て、住宅が全焼です。

     11月21日未明、札幌・東区北49条東9丁目の住宅で車庫から火が出て、
    木造2階建ての住宅が全焼するなどしました。

     住人5人は逃げて無事でした。

     警察によりますと出火当時、車庫内では家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車の充電中で、
    コンセント付近から火花が出るのを住人が目撃していたということです。

     警察は火事の原因を慎重に調べています。

    北海道文化放送 11/21(月) 19:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00000007-hokkaibunv-hok
    2016/11/21(月) 19:21:22.60
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479723682/

    【【要注意】「プラグインハイブリッド車」充電中にコンセントから出火 家が全焼】の続きを読む

    このページのトップヘ