話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

    海外ニュース

    日本時間の9日午前8時から開票がスタートした米大統領選。民主党のヒラリー・クリントン氏と共和党のドナルド・トランプ氏の対決に全世界から視線が注がれているが、トランプ氏の娘にも注目が集まっている。

    実業家のトランプ氏の娘、イヴァンカ・トランプは1981年10月30日生まれ。
    身長180センチの恵まれたスレンダーボディを生かしてモデルとして活躍。
    ファッション誌の表紙モデルを飾るほか、有名ブランドのショーモデルや広告モデルに起用されるなど、女性からの支持も厚い。

    ◆実業家としても手腕を発揮

    その一方、実業家としての活動も。ビジネススクールの名門・ペンシルベニア大学のウォートン・スクールを卒業し、父トランプ氏がCEOを務める会社の役員として活躍。
    ジュエリー・ブティックを立ち上げるなど、ビジネス手腕を発揮していいる。

    ◆私生活では3児をもうける

    私生活では、2009年に実業家の男性と結婚。
    2016年までに3児を出産し、自身のInstagramでは夫と子供たちとのショットを披露しており、家族を大切にする姿勢は、男女問わず人気が高い。

    今回の父の大統領選で、全世界から注目を浴びることとなったイヴァンカは、日本でも話題となり「美しすぎる」「スタイルが抜群すぎて憧れる」「映画から出てきたセレブのよう」「頭も良くて美人でお金持ちで…非の打ち所なし!」などの声があがっている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1633206/

    ドナルド・トランプ氏の娘イヴァンカ・トランプ

    (出典 mdpr.jp)


    (出典 mdpr.jp)

    ドナルド・トランプ氏

    (出典 pbs.twimg.com)

    【【画像いっぱい】米大統領トランプ氏の娘が「美人すぎる」と話題 モデル&実業家の活躍が凄い「非の打ち所なし!」の声】の続きを読む


    (出典 viva-wmaga.eek.jp)
    1 海江田三郎 ★ :2016/11/09(水) 09:05:30.11 ID:CAP_USER.net

    http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/08/india-scraps-1000-rupee_n_12870598.html

    インドのモディ首相は11月8日午後8時(現地時間)にテレビで演説し、現在流通している高額紙幣を、
    4時間後の9日午前0時で廃止すると突如発表した。偽造紙幣や資金洗浄など、ブラックマネー撲滅のためだとしているが、
    現地では大勢の人が、旧札を新札に交換しようと銀行に押しかけている。ハフィントンポスト・インド版などが報じた。


    廃止対象となるのは、現在流通している紙幣のうち、最高額の1000ルピー札(約1600円)と、
    2番目に高額の500ルピー札(約800円)の2種類。インド中央銀行は新たに2000ルピー札を10日以降に、
    新デザインの500ルピー札を数週間以内に発表する予定だが、それまでは銀行などに
    一旦貯金して預けたうえで、新札として引き出してほしいと呼びかけている。11日までは病院や鉄道、
    航空会社、ガソリンスタンドなどに限り、旧紙幣での支払いが認められる。

    モディ首相はこの日、「ブラックマネーと腐敗が、貧困撲滅の最大の障害となっている」とテレビで演説。
    偽造紙幣や汚職、資金洗浄などの根絶が目的だとしたうえで、「パニックになる必要はありません。あなたのお金は残ります」などと、国民に語った。
    混乱を避けるために、インド全国の銀行や郵便局が9日は閉鎖となる。このため、ATMに長い列が続く光景が、インドじゅうでみられた。



    今回のモディ首相の宣言は、脱税対策との見方もある。
    インドでは現金決済が主流で、銀行決済があまりつかわれない。使用される紙幣のほとんどは1000ルピー札と500ルピー札で、
    自宅に保管するいわゆる「タンス預金」が多いという。

    このため、国民の資産の補足が難しく、低所得者だけでなく、富裕層のなかでも納税をしない人も多く見られる。
    ウォール・ストリート・ジャーナルによると、2013年に所得税を払ったのはインド人口の1.6%しかいなかったという。
    旧札の交換のために銀行への入金を促すことで、国民の資産を把握し納税につなげるというねらいもある。

    【【びっくり】インド首相、「突然だけど、4時間後に高額紙幣は無効ね」と発表】の続きを読む


    (出典 knowledge-walker.com)
    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/11/09(水) 16:14:57.21 ID:dfuonRy6M.net

    トランプの公約一覧

    ・中国・日本を始めとするすべての輸入品に対して20%の関税をかける。
    ・大統領選に勝利・就任初日に、中国を「為替操作国」に認定する。
    ・中国のハッカーや模造品に対して規制を強化。
    ・中国からの輸入品には45%の関税。
    ・中国の冒険主義を思いとどまらせるために、東シナ海と南シナ海での米軍の存在感を高める。
    ・米国・ロシア間の協力を増やす。
    ・メキシコ国境では35%の輸入税を課す。
    ・メキシコとの国境に万里の長城を築き、不法移民を認めない。
    ・不法滞在者のメキシコ送金は押収し、メキシコ人の労働ビザや越境手数料を引き上げる。
    ・イスラム教徒は入国させない。
    ・シリア難民は受け入れない。
    ・イスラム国はやっつける。資金源である石油を爆撃。
    ・尋問について、米国法で禁じられている水責めなどの方法を支持。
    ・医療目的でのマリファナ合法化を許可する。
    ・連邦政府の支出の無駄を削る。
    ・米軍の規模と能力を拡充する。
    ・日本へは米軍による防衛費を要求する。年5,830億円全額だ。
    ・もちろん韓国も一緒だ。
    ・TPP(環太平洋経済連携協定)はゴミ箱へ放り込む。
    ・法人税の最高税率を35%から15%に引き下げ。
    ・年収2万5千ドル未満の単身世帯と年収5万ドル未満の夫婦世帯は所得税を免除する。
    ・税制簡素化、及び減税(但し、富裕層は増税)。
    ・相続税は排除。
    ・金持ちだけが利用できる税の抜け道を潰していく。

    【トランプ大統領誕生 さあ どうする! トランプの公約一覧wwwwwwwwwww】の続きを読む


    (出典 imgc.allpostersimages.com)
    1 張り手(チベット自治区)@\(^o^)/ [FR] :2016/11/08(火) 09:08:22.69 ID:P2u1hJV/0.net BE:415581673-PLT(18000) ポイント特典

    2013年には、フロリダ沖で捕獲されたオオメジロザメという胎生のサメの子宮内から双頭の胎児が見つかって話題になったし、 2008年にはインド洋でも双頭のヨシキリザメの胎児が発見されている。
     2011年には、カリフォルニア湾内とメキシコの北西沖で捕獲されたメスのヨシキリザメの子宮内から発見された双頭の胎児を詳しく調べた論文も発表されている。
    実は、これまでに双頭の胎児が発見されているサメのほとんどがヨシキリザメだ。2011年の論文で研究チームを率いたメキシコ国立工科大学のフェリペ・ガルバン・マガーニャ氏によると、
    ヨシキリザメの子宮には一度に50匹近くも胎児が入っていることがあり、数が多い分、奇形が見つかりやすいのだという。(参考記事:「世界でサメを撮ってきた」)

    今回の発見には特別な意味がある。トラザメのような卵生のサメで双頭の胎児が発見されたのは、これが初めてなのだ。(参考記事:「共食いも胎盤も! サメは「繁殖様式のデパート」」)
    双頭のサメはめったに見つからないので、突然変異の原因を特定するのは難しい
    サンス・コーマ氏らによると、双頭の突然変異の原因は遺伝子の異常にあるようだ。この胎児はほかの800匹近くの胎児と一緒に実験室で育てられていたため、
    研究者たちの知るかぎり、サメの卵はいかなる感染症、化学物質、放射線にもさらされていなかった。(参考記事:「動物の奇形:3つ目のカニ、双頭のカメ」)
    一方、野生のサメの奇形については、ウイルス感染症、代謝障害、汚染のほかにも、乱獲で遺伝子の多様性が失われたことによる遺伝的異常など、さまざまな原因が考えられる。(参考記事:「イルカの健康被害、原油流出の影響か」)


    (出典 natgeo.nikkeibp.co.jp)


    (出典 natgeo.nikkeibp.co.jp)


    (出典 natgeo.nikkeibp.co.jp)


    ソース抜粋
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/110700421/

    【【画像あり】頭が2つあるサメ(双頭サメ)の報告が世界で増加、原因は不明】の続きを読む


    (出典 livedoor.blogimg.jp)
    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 51cb-nmIf) :2016/11/05(土) 00:25:10.02 ID:SUniVDM60.net BE:609535295-PLT(13001) ポイント特典

    2016年11月3日、韓国・ノーカットニュースなどによると、韓国南東部、慶尚北道慶州にある吐含山(トハムサン)山麓で、
    違法に埋められたとみられる1040体もの遺体が見つかった。
    同地は韓国の宗教団体が所有する山林で、遺体は14年に発見されていたものの、警察が捜査を終えても何ら結果を発表しないまま今に至っているという。

    同地を所有する韓国天父教伝道館復興協会はここを墓地として利用していた場所と推測されるものの、
    共同墓地としての許可がないまま不法に埋葬していたことになる。
    また、団体の「墓地」記録簿には故人の氏名や性別、遺族の名のほか死亡や埋葬の日時が記されているが、
    見つかった遺体のうち40体については故人の氏名・年齢・死亡日時・遺族がいずれも分かっていない。

    14年11月、この遺体埋葬の事実を告発した一人であるホ・ビョンジュ牧師は、
    天父教によるとみられる違法行為を覆い隠す強力な後ろ盾が存在するのではないかと指摘している。

    天父教は宗教家の朴泰善(パク・テソン)氏(1917?90)が1956年に創始した宗教団体。

    前代未聞の事件を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「恐ろしい話だ。どうしてこうゾッとするようなことばかり起こるんだろう?」
    「こういうインチキ宗教団体は全部捕まえるべき」
    「韓国はインチキ宗教が問題。宗教団体のせいで国じゅうがボロボロになりかねないよ。こんな国が嫌だ」

    「やっぱり宗教なんて信じるものじゃないな」
    「セヌリ党(韓国の現政権与党)政権で正義は消え去った!」
    「人の命をハエの命とも思わないインチキ宗教団体。すべてを根絶やしにすべき」
    「もうここはまともな国じゃない」

    「背後にいるのは大統領府だろう」
    「一番恐ろしいのは検察や警察」
    「朴槿恵(パク・クネ大統領)か崔順実(チェ・スンシル。職権乱用の共犯などの容疑で逮捕された朴大統領の親友女性)に聞いてみれば分かるんじゃない?」

    http://www.recordchina.co.jp/a154282.html

    【【韓国】宗教団体が所有する山林で1000人以上の遺体が見つかったが 警察による捜査公表はなし...背後には】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)
    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 51f8-8/Eq) :2016/11/04(金) 20:02:52.89 ID:FG6QDJHi0?2BP(1000)

    豪カンタス航空の旅客機で機長がフライトの最中、乗客として乗っていた交際相手にプロポーズするというサプライズがあった。

    プロポーズしたのはカンタス航空のドゥーリー・エリス機長。
    10月29日、自らが操縦桿を握るメルボルン発米ロサンゼルス行きの便で、恋人のアナさんにプロポーズした。

    エリス機長は機内アナウンスを通じ乗客全員に対し、アナさんが実家のある南米に向けて、機内に搭乗していることを伝え、
    「オーストラリアに戻ってきてほしい」と希望を述べた。そして英語とスペイン語で「結婚してくれますか」とプロポーズした。

    その後エリス機長は花束を持ってコックピットから現れ、乗客から拍手が送られる中、アナさんの席に到着。
    アナさんの返事はもちろん「イエス」だった。

    http://jp.reuters.com/article/marriage-proposal-mid-flight-idJPKBN12Z0MP

    https://www.youtube.com/watch?v=kbDEf5E7lK4


    【【カンタス航空】機長がフライト中に、機内放送で恋人にプロポーズ、その結果・・・】の続きを読む


    (出典 www.japanese-makers.com)
    1 雪崩式ブレーンバスター(庭)@\(^o^)/ [US] :2016/11/04(金) 06:34:10.52 ID:x0LBD/Hz0●.net BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典

    【簡単に説明すると】
    ・癌で右目を失った男性
    ・右目を復元するために3Dプリンターが使われる
    ・男性の右目は見事復元

    ブラジルのサンパウロ市に住む男性、カリート・コンセイソンが2008年に上顎骨(じょうがくこつ)に生じた癌のために
    顔の半分を彫る大手術を受けた。生命に支障は無かったが右目と鼻の一部が欠けてしまいそこには大きな穴が空いてしまった。
    コンセイソンは「穴を遮ってくれる補助器具を使用してみたが、人々は私の顔に拒否感をしめした」と述べた。

    そんな彼に希望がうまれたのだ。2月にスマートフォン関連の3Dプリンタを使用して低価格で失われた顔を
    再現することができるという知らせを聞いたのだ。
    パウリスタ大学のロドリゴサラ博士は「過去には3Dモデルを実装するには多額の費用と時間が必要だった。
    しかし無料のアプリケーション(Autodesk 123D Catch)の開発により、安く簡単に補助器具を作ることができる」と述べた。

    続いて「スマートフォンのそのアプリを利用して写真を撮るだけで自動的に3Dモデルがモデリングされる」と説明した。

    顔を取り戻したコンセイソンは「顔のの半分が無くなったあと、私は憂鬱で無力の中で生きていた。
    しかし、今回の手術で8年間のコンプレックスから抜け出すことができた」と今回の顔の復元に満足なようだ。

    http://gogotsu.com/archives/23012

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    【【画像あり・閲覧注意】癌で右目をごっそり失った男性 3Dプリンターで見事に目を復元する】の続きを読む

    このページのトップヘ