話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

    芸能ニュース


    1
    アブナイおっさん ★@\(^o^)/ :2016/10/20(木) 17:10:00.19 ID:CAP_USER9.net

    謎の中年歌手、ピコ太郎(53)が世界134カ国・地域に配信した話題のデビュー曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が、
    19日付全米チャートで77位にランクインした。日本人のトップ100入りは松田聖子(54)以来、26年ぶり7人目。
    歴史的快挙にピコ太郎は「あまりの驚きで水道が止まりました!!」と大感激。世界に認められ、NHK紅白歌合戦も当確間違いなし!?

    まさかの偉業だ! タレント、古坂大魔王(43)が“プロデュース”するピコ太郎が、米国で最も権威のあるビルボードチャートにその名を刻んだ。
    「驚きまピコ! なんということでしょう?と、言わざるを得ませんピ。本当にうれピコ」

    7日に配信された「PPAP」が、シングルランキングにあたる「ソングチャートホット100」で77位に入り、喜びを爆発させた。
    日本人のトップ100入りは、1990年に「THE RIGHT COMBINATION」で54位に入った聖子以来、実に26年ぶり。

    63年に「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」で日本人唯一の1位を獲得した故坂本九さんをはじめ、
    ピンク・レディー、YMOらに続く7組目が、パンチパーマにヒョウ柄衣装がトレードマークの中年歌手となった。

    「PPAP」は、8月に動画をYouTubeに投稿したところ、一度耳にしたら頭から離れないビートや、
    くだらない歌詞がウケて人気に。9月28日にカナダ人歌手、ジャスティン・ビーバー(22)が拡散したことで再生回数が一挙に増え、世界同時配信された。

    全世界を対象にしたYouTubeの公式再生回数音楽ランキングでは2週連続で1位を獲得し、関連動画も含めると累計3億3000万回を突破している。

    もはや日本を代表するアーティストにまでなったピコ太郎は「何より世界中で見てくれた皆様、
    ダウンロードしてくれた皆様のおかげでしかあり得ませんピ」と感謝し、「どんどん新曲出します! これからもよろピコ!」と飛躍を約束。

    世界的大ヒットを受け、紅白初出場も間違いなし。念願のステージで♪アッポーペ~ン!と小躍りしそうだ。

    ★日本人過去6組

    日本人で初めて全米チャートにランクインしたのは、唯一の1位曲でもある九さんの「SUKIYAKI」(邦題・上を向いて歩こう)。
    63年5月11日付で初登場79位を記録し、14週ランクイン。6月15日付から3週連続で1位に輝いた。

    その後もピンクレディー、YMO、オノ・ヨーコ(83)、横倉裕(60)、聖子が英語曲でチャートに名を連ねたが、トップ10入り曲は壁が厚く、出ていない。

    同チャートは、CDの販売数だけでなく、ダウンロードセールスやYouTubeの再生回数などが指標となっている。

    2016.10.20 05:05
    http://www.sanspo.com/geino/news/20161020/owa16102005050002-n1.html
    写真

    (出典 www.sanspo.com)

    前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1476935294/


    【<ピコ太郎>「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」快挙!全米チャートランクイン 松田聖子以来26年ぶり】の続きを読む


    (出典 livedoor.blogimg.jp)
    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2016/10/18(火) 23:40:58.40 ID:CAP_USER9.net

    タレント・ベッキーの妹でダンサーのジェシカ・レイボーンが、姉とのツーショットを
    Instagramに公開した。フォロワーの中には彼女とベッキーが姉妹だと
    知らなかった人もいて、「スーパーモデルとベッキーのコラボかと思った」と
    ジェシカの美貌にも改めて注目が集まっている。

    10月17日の『ジェシカ jessicajjrabone Instagram』に投稿されたのは、姉・ベッキーとの
    ツーショットだ。撮影したのはセレブリティ、ビューティー、ポートレート写真を専門とする
    マシュー・ジョーダン・スミス氏。世界の名だたる化粧品ブランドの広告も担当する、
    まさに超大物フォトグラファーだ。

    2人ともシンプルな色使いのメイク、そして身につけているのは細い金のネックレスのみ。
    白のシーツの上で重なり合うというシンプルな構図が、被写体の美しさと輝きをより
    際立たせている。フォロワーも「おふたりが美しすぎて衝撃です」「もはや芸術」
    「似てる! どっちも綺麗です」「美人姉妹だねー」と大絶賛だ。

    髪をバッサリ切って、本格的な芸能界復帰に向けて動き出したベッキー。以前のような
    明るい元気な色使いのファッションではなく、モード系のシックなデザインが
    今の彼女にはお似合いかもしれない。「私はバラエティが好き」とあくまでも、
    レギュラー番組への復帰を第一に考えているベッキー。彼女の願いは
    年内中に叶えられるだろうか。

    出典:https://www.instagram.com/jessicajjrabone
    出典:https://www.instagram.com/matthewjordansmith
    (TechinsightJapan編集部 みやび)

    http://japan.techinsight.jp/2016/10/miyabi10181140.html
    画像

    (出典 japan.techinsight.jp)


    ※前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1476766138/


    【【画像あり】ベッキー&ジェシカ 美しすぎる姉妹2ショットに感嘆の声 「もはや芸術」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)
    1 Egg ★@\(^o^)/ :2016/10/18(火) 08:59:00.73 ID:CAP_USER9.net

    元フジテレビアナで、現在はフリーで活動している長谷川豊氏(41)が、17日に更新したブログで警察に被害届を提出したことを明かした。

    ブログによると、先週から長谷川氏の妻や子供の名前を宛先に卑猥な写真や性的な玩具が送りつけられているのだという。
    「着払いでくる荷物は証拠に写真を撮って引き取って頂いていますが、封書はポストにそのまま入ってしまっていました」と現状を報告した。

    長谷川氏は「自分はなんでも受け止められますが、家族に対しこの様な行動をとる人間を、僕は許さない。そこまで人間は出来ていません。絶対に許せない」
    と憤りを抑えきれないように記すと、「何が何でも見つけて、法の下に裁きを受けて頂きます」と続けた。

    長谷川氏は、人工透析患者をめぐるブログへの記述が批判を呼び、今月上旬までに全テレビ番組から降板している。

    スポーツ報知 10月17日(月)20時27分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00000151-sph-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    前スレ★2:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1476709390/
    ★1が立った日時:2016/10/17(月) 20:45:54.17
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1476715915/


    【<長谷川豊アナ>家族に“猥褻荷物”送られ警察に被害届!「絶対に許せない」「法の下に裁きを受けて頂きます」】の続きを読む



    想像以上にかっこいいな・・・ ブレイクの予感・・・



    1 シャチ ★@\(^o^)/ :2016/10/18(火) 03:02:52.24 ID:CAP_USER9.net

    青森県黒石市のゆるキャラ「にゃんごすたー」のドラム演奏テクニックが、
    「全然ゆるくない」とインターネット上で話題を呼んでいる。

    地元の名産であるリンゴをイメージしたのか、ふっくらとした丸っこいフォルムが特徴のにゃんごすたー。
    体は真っ赤で、頭にはリンゴのヘタとネコミミがついている。そんな可愛らしいキャラクターのウリは、
    専門誌の編集者も唸る「超絶ドラミング」だ。

    X JAPANの「紅」演奏で「YOSHIKIより上手い」
    にゃんごすたーのドラムさばきが注目を集めるきっかけとなったのは、
    あるツイッターユーザーが2016年10月15日にアップロードした1本の動画だ。

    「ファンシーな見た目から*みたいなテクニック」――。投稿者がこんなコメントともに投稿したのは、
    にゃんごすたーが人気ロックバンド「X JAPAN」の代表曲である「紅(くれない)」のドラムを演奏する映像だ。

    目にもとまらぬ早さでスティックを縦横無尽に動かし、猛烈な勢いでドラムセットを叩き続けるにゃんごすたー。
    ふっくらとした愛らしい見た目の「ゆるキャラ」が、全身を激しく動かしてドラムを叩くという「ギャップ」から、
    この動画はネット上で大きな注目を集めることに。

    この投稿は、17日15時時点で14万回以上のリツイート、15万件以上の「いいね」を集めるなど爆発的に拡散。
    ツイッターやネット掲示板には、

    「全然ゆるくない ドラムの演奏レベルすごすぎる!!」
    「着ぐるみでこれだけ叩けるとかどう考えてもプロ」
    「ドラムテクニックと見た目のギャップで笑う」
    といった感嘆の声が広がっている。なかには、X JAPANのドラマーであるYOSHIKIさんを引き合いに、
    「青森のYOSHIKIだな」「YOSHIKIよりも上手いんじゃないか」といった書き込みも目立った。

    2016年10月17日 18時49分 J-CASTニュース
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-280976/
    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=ieO8O4vyMLA
    https://www.youtube.com/watch?v=biny7bOwnOw
    >>2に続く


    【【動画あり】青森のゆるキャラ「にゃんごすたー」、ドラムテクニックが凄いと話題に】の続きを読む




    (出典 www.morningwoodrocks.com)


    浮かれるにもほどがあるぞ・・・ 好き放題やり過ぎじゃないか・・・ ある意味うらやましいが・・



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2016/10/14(金) 18:02:45.68 ID:CAP_USER9.net

    NEWS ポストセブン 10月14日(金)16時0分配信

     10月9日、約5か月ぶりにテレビに復帰したベッキー(32)が芸能マスコミの
    注目を集める中、不倫相手だった「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)も
    別の形で話題をさらった。

     ベッキーとの不倫をスッパ抜かれた『週刊文春』に、今度はタレント・
    ほのかりん(20)との半同棲生活が報じられ、しかも彼女が未成年時代に一緒に
    飲酒していたことまで暴かれてしまったのだ。

     川谷はすでに決まっている12月のライブをもって活動自粛を発表、
    予定していたアルバムの発売も中止に。相手のほのかはレギュラー出演していた
    NHK番組や、出演予定だった舞台も降板になった。

     次々と交際相手に悲劇をもたらす川谷だが、今回の騒動にはもう一人
    「未成年タレント」の“降板”も絡んでいたという。ほのかの知人が語る。

    「川谷さんと半同棲していた自宅には、ほのかの友人でNHKの番組で共演するIという
    19歳のタレントも入り浸っていたんです。Iは9月頃から“ほのかと一緒に住んでる”と
    周囲に語っていて、ほのかの非公開インスタグラムには“(川谷の部屋に)帰宅したら、
    Iがご飯を作ってくれていた”というコメントとともにIの写真もあった。川谷さんと3人で
    過ごす時間もあったみたいですね」

     Iの所属事務所は「(川谷の部屋に)住んでいた事実はない」としたうえで、

    「“ほのかさんと一緒に住んでいる”というのは、よく泊まりに行く間柄という意味で、
    女子会の延長みたいなものです」

     と説明。ところが、なぜかほのかと共演していたNHK番組の出演を見合わせている
    状態だという(川谷の所属事務所は「Iが出入りしていたかどうかは把握していない」と回答)。
    川谷の知人はこう語る。

    「川谷に合わせてくれたベッキーさんとの不倫とは違い、今回は川谷が小悪魔系の
    ほのかにゾッコンで振り回されている感じです。部屋に彼女の親友まで上がり込むのを
    許すのも、ほのかの希望を何でも叶えてしまうような関係だからでしょう。僕らも
    “また痛い目に遭うぞ”とハラハラしていますが、本人に反省の色は見えません(苦笑)」

    ※週刊ポスト2016年10月28日号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161014-00000016-pseven-ent


    【【芸能】ゲス川谷の半同棲マンションに「未成年少女」がもう一人いた】の続きを読む




    (出典 www.cmjapan.com)


    ダフ屋とチケットキャンプの違いは? 本人確認を徹底するしか手はないな・・・



    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 830d-YnnU) :2016/10/14(金) 23:56:02.07 ID:g8OgxeEy0?2BP(1000)

    ライブチケットを買い占め、価格を釣り上げて転売する“ダフ屋”行為を批判し、
    「チケット転売問題をみんなに考えてほしい」と訴えたこの声明。賛同の声が多く寄せられた一方、
    「転売問題は何年も前からあったのに、なぜ今さら?」「ニーズの高いチケットが高額になるのは
    当然の市場原理では」など疑問も上がった。

     音楽業界はなぜ今、「転売NO」と訴えたのか。転売チケットの問題点と解決策は――
    声明を出した4団体の1つ、コンサートプロモーターズ協会の石川篤総務委員(ディスクガレージ常務取締役)
    に聞いた。

    ――チケット高額転売の問題点はどこにあるのか。

     悪質な業者が転売目的でチケットを買い占め、本来欲しい人の手に届かなくなっている。
    業者はチケット購入サイトに何百も会員登録し、専用プログラムを使うなど特殊な方法でチケットを買い占め、
    「チケットキャンプ」など転売サイトで高額転売する。あるアーティストの公演では、チケットの3分の1が転売サイトに出品された例もある。

    「嵐」のライブチケットは、20万円で売り出されているものも

     転売サイトの存在が、転売チケット全体の相場を上げてしまう問題もある。転売サイトの出品額は、
    売る側の言い値だ。数十万円など極端な高額で出品されることで、実際の取引価格とは別に心理的な
    相場観ができあがり、転売チケット全体の価格が上がっている面がある。

     せめて数千円プラスして売るならまだいいが、元のチケットの10~20倍の価格で売られてしまうと、
    コンサートに10~20回行けたはずの人が1回しか行けなくなり、グッズなどの購入予算も奪われてしまう。
    結果として音楽業界にお金が回らなくなり、業界を衰退させる。

    「転売NO」、きっかけは「チケットキャンプのCM」

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1610/14/news103.html


    【「転売NO」広告、きっかけはチケットキャンプのCMだった 音楽業界はチケットキャンプと全面戦争へ】の続きを読む




    (出典 bimajo.be-story.jp)


    美魔女の意味は? どういう基準で審査してるんだろ・・・ きれいなのは認めるが・・・



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2016/10/12(水) 21:21:57.68 ID:CAP_USER9.net

     「第7回国民的美魔女コンテスト」最終選考会が12日、都内で行われ、
    山形県のフラダンスインストラクター田中恵さん(37)がグランプリに輝いた。
    スポンサー賞も受賞しており、W受賞となった。

     応募総数約1500人の中から選ばれた田中さんは、感激で涙を浮かべながら
    「本当に幸せです。山形から生徒さんが応援にきてくれました。この感謝の気持ちを
    明日から還元していきたいと思います」とあいさつ。主催する雑誌「美ST」(光文社)の
    井上智明編集長は「みんなが幸せになるような笑顔」と受賞理由を明かした。

     準グランプリには神奈川県のスキンケアアドバイザー松瀬詩保さん(42)が輝いた。
    「まさかこのような賞を頂けると思わなかった。本当にありがとうございます」とし、
    「今回、勝手に応募してくれた主人と息子に(喜びを)伝えたいです」と話した。
    井上編集長は「嫌いな人いないと思います。人柄が外見にもにじみ出ているのが決め手」と
    明かした。田中さんと松瀬さんは、芸能事務所オスカープロモーション所属も決定した。

     また、スポンサー賞の「輝く美魔女賞」に埼玉県の主婦、田中悦子さん(49)、
    読者投票による「Web賞」には兵庫県の元宝塚で、現在はヨガインストラクターの
    綺華れいさん(37)が選ばれた。

    日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1723496.html
    「第7回国民的美魔女コンテスト」でグランプリに輝いた田中恵さん(左)と準グランプリの松瀬詩保さん(撮影・上岡豊)

    (出典 www.nikkansports.com)


    他画像

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【美魔女コンテスト、グランプリっていわれても・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ