話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

    芸能ニュース



    (出典 blog.ks-product.com)
    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/24(金) 16:30:17.038
    【【画像あり】ライザップの効果が凄すぎる件wwwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)

     先日テレビ復帰した、昨年8月に強*致傷容疑で逮捕され不起訴処分になった元俳優の高畑裕太の母である女優の高畑淳子が報道陣相手に大暴れしていることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

     高畑は今月13日、裕太の事件以前にレギュラー出演していたNHKの「スタジオパークからこんにちは」でテレビ復帰。同局に集まった報道陣にはまったく対応しなかったというが、同誌によると、午後6時ごろ、生放送を終え自家用車で都内の一軒家に戻ると、復帰についてのコメントをもらおうと待機していた報道陣を一瞥。途端に表情を一変させ、運転席から飛び降りると、報道陣に向かって般若のような形相で、「あなたたち、何やってるの! 私が何をしたんですかぁッ!」と言い放ったという。

     さらに、「カメラを下ろしなさい! ひとりひとり名刺を出しなさいよ!」と名刺を出させ、あるテレビ局のカメラマンだけ名刺を持参していなかったところ、「名前を言いなさい!」と詰め寄り、「私も写真を撮らせてもらいます!」と絶叫。報道陣にスマホを向け、約50センチの至近距離からひとりひとりの写メを撮影。

     高畑の所属事務所は「絶対、取材を受けるな」と命じ、徹底的にガード。昨年末から事務所スタッフが自宅をパトロールし、記者を見つけると110番通報を繰り返しているというが、高畑は事件について「息子はハメられた」と未だに納得せず。その一方で、逮捕で発生した億単位の賠償金に頭を悩ませ、母親が住んでいた実家を売却してしまったという。

     「裕太の事件で騒動の際は、主演舞台の全国公演を控えていたこともあり、無言を貫きかなりガマンしていたことでストレスが溜まってしまったようだ。現状では大きな仕事を抱えていないため、溜まったストレスを報道陣にぶつけているのでは。もともと、気性が激しいだけに、そのうち、報道陣とひと悶着起こして仕事にダメージを与えることにならなければいいのだが…」(演劇関係者)

     この記事を見たら、自宅を訪れる報道陣が減りそうだ。

    2017年2月23日 15時1分 リアルライブ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12712193/

    【高畑淳子 報道陣に敵意むき出し!「私が何をしたんですかぁッ!」と絶叫!】の続きを読む



    (出典 s.eximg.jp)

    タレントのはるな愛が21日、日本テレビ系「スッキリ!」で、20代の頃に交際していた相手が、はるなの本名・大西賢示名義で勝手にお金を借りていたという驚きの理由で破局したことを明かした。

     はるなは、日焼け止めの新商品発表会に登場。その後の番組インタビューで、はるなが20代の頃に交際していた相手と破局した理由がクイズとなって出題された。

     はるなによると、その交際相手はセレブ感たっぷりで、身につけているものも高価なものばかりだったというが、実は、はるなの本名でお金を借りまくっていたという。

     はるなによると、相手の借金額は「1億とか2億とか」と驚くほどの高額。「(当時は)戸籍とか取りやすかったのかな。彼の見た目も“大西賢示”に見えるし」と振り返り、「今まで食べたものや買ってもらったものも、全部その借金からだった」と衝撃の事実を明かした。

     「あとで聞くと、ニューハーフ専門の詐欺師だった」で「今は全然どこに行ったかもわからない」という。そして最後には「気を付けて!オネエの皆さん!」と呼びかけていた。結局、弁護士に相談し、返済責任は免れたという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000036-dal-ent

    【【話題】はるな愛、交際相手が自分名義で2億の借金 ニューハーフ専門詐欺師だった】の続きを読む

    スポニチアネックス 2/21(火) 3:30

     宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

     スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。
    清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

     この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。
    飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

     一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

     飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。
    処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。

     ◆KANA―BOON(カナブーン) 高校の同級生だった谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)に飯田を加えた4人組。12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。
    13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。


    ・清水富美加と交際していたことを認めた「KANA―BOON」の飯田祐馬

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/20/kiji/20170221s00041000084000c.html


    前スレ(★1:2017/02/21(火) 04:42:42.05)
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487638887/

    【清水富美加の不倫相手確定 KANA―BOON(カナブーン)のベーシスト飯田祐馬だった件wwwwwwww】の続きを読む

     人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のベース・Ryota(27)が20日、結婚したことをインスタグラムで改めてファンに報告した。

     Ryotaは「私はミシェルと結婚してとても幸せです!!」とコメントし、ツーショットを披露した。

     また、ボーカル・Taka(28)は、同日のインスタグラムで「本当におめでとう!こうやってメンバーが個人の幸せを叶えていくってはのは本当に誇らしいし!嬉しいし!素晴らしい!彼女は僕らの新しいファミリーだから!みんなもよろしく頼むよ!良太本当におめでとう!!」と2人を祝福した。

     「いいね!」は12万件を超え、「おめでとう」「お幸せに」など多くの祝福の声が寄せられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000128-sph-ent

    画像
    https://www.instagram.com/p/BQs29syDSAI/?taken-by=ryota_0809&hl=ja


    (出典 top.tsite.jp)

    【【画像あり】ワンオクRyota、結婚報告で2ショット公開 お相手はカナダの歌手アヴリル・ラヴィーンの「妹」】の続きを読む



    (出典 www.cinra.net)
    1 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/02/19(日) 11:55:58.48 0.net
    【【画像あり】志村けんの誕生日会の様子がこちらwwwwwwwこれが成功者だ!!!!!!】の続きを読む

    「夢をかなえてくれてありがとう」

     レースクイーン(RQ)といえば、華やかなコスチュームに身を包み、モータースポーツに彩りを添える美女ぞろいの集団として常に注目の的。今やテレビにCMに引っ張りだこのモデルで女優の菜々緒(28)もRQの出身だ。

     そんな芸能界への登竜門として、RQナンバーワンを決めるファンによる総選挙「日本レースクイーン大賞2016」でグランプリに輝いた。

     1月13日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれた授賞式。ほおを涙でぬらしながらトロフィーを手にしたとき、自然に口から漏れ出たのは、「夢をかなえてくれてありがとう」という言葉だった。

     「RQになって3年、いつか大賞を取りたいと願い続けた夢。決して私一人の力で取れたわけではない。ファンの投票で決まったのだから」

    ■ファンつかんだ「神対応」

     高校時代、空自ブルーインパルスの女性パイロットになる夢を抱き、第1志望として防衛大を受験した。だが、あえなく失敗し、岡山県立大保健福祉学部に学び、卒業後は介護福祉士として特別養護老人ホームで仕事を始めた。

     並行して、地元ではモデルとして被写体になる経験を積んだ。徐々にRQの仕事に興味を持つようになり、一念発起、転身を心に決めた。

     結論を言えば、その決断は間違っていなかった。

     全国津々浦々のサーキット場には大勢の清瀬ファンが駆けつけ、握手会はいつも長蛇の列。笑顔を絶やさず、ファン一人一人に対し時間をかけた丁寧なコミュニケーションを心がけ、その積み重ねの結果、いつしか“神対応”の清瀬との評価を不動のものにした。

     介護の現場で培われたコミュ力が「神対応」の源泉にあるといっていい。

    >>2以降に続きます

    2017.2.19 10:00
    http://www.sankei.com/premium/news/170219/prm1702190019-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170219/prm1702190019-n1.html


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)



    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)



    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)





    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)

    【【画像あり】レースクイーン大賞グランプリ・清瀬まち(25)がファン「神対応」なワケ 】の続きを読む

    このページのトップヘ