(出典 pbs.twimg.com)

新素材か 今後が楽しみ・・・

1 ニライカナイφ ★ :2019/11/19(火) 04:09:50.82

2019年の東京モーターショーに出展され注目を集めたあるスーパーカー。
実はこの車のボディは“木”でできています。

といっても、木材をそのまま使ったわけではなく、木を使った「新素材」で、その強度は鉄の5倍以上とも言われていて、しかも5分の1の軽さです。
この素材が我々の生活を大きく変えるかもしれません。

■ “木”でできた「スーパーカー」

2019年の10月24日~11月4日まで東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー」。
自動車メーカーなどが車の可能性を感じさせる近未来的な数々のコンセプトカーを出展する中、ひと際異彩を放ち大勢の来場者の目を引いていたのは、環境省のブースにあったスーパーカーでした。
この自動車を視察に訪れた小泉進次郎環境相も驚きと期待を口にしました。

「実際にボンネット持ちましたけど、片手で持てるボンネットを持ったのは初めてです。
木の国日本ですから、そこに向けても大きな希望になると思います。」(小泉進次郎環境大臣)

小泉環境大臣が口にした“木”というキーワード。
スーパーカーの内装には一部木材が使われていますが、それだけではないといいます。
一体どういうことなのでしょうか?

「このスーパーカーは木から造った車なんですね。
より正確に言うと木材の半分を占める『セルロースナノファイバー』という材料を使って“硬い軽い材料”を作る。
これでボンネットだとかバックウインドウといったところも、全部、植物由来のセルロースナノファイバーという材料で作っています」(製造に携わった京都大学 矢野浩之教授)

「セルロースナノファイバー」とは、樹木などの植物に含まれる非常に細い繊維のことです。
その単位は数10nm(ナノメートル)、髪の毛の数万分の1という細さです。

セルロースナノファイバー材料の作成工程はこうです。
木材のチップを加工し、紙の原料となるパルプを作成。

このままだと、強度はほとんどありません。
このパルプをさらに特殊な薬品でほぐし、セルロースナノファイバーの密度を上げることで、鉄の5倍の強度を持ちながら、5分の1の軽さの材料となるのです。

「セルロースナノファイバーを使った材料を使うことで、この車にして2割くらい軽量化ができている。
それで燃費が1割くらい向上する。その分CO2の排出が減る。だから“環境省の造る”スーパーカーなんです。」(京都大学 矢野浩之教授)

■ 生産から利用、廃棄まで…環境に「すごく優しい素材」

京都大学の矢野浩之教授は、京都大学・宇治キャンパスの木に囲まれた穏やかな雰囲気の研究室で約40年間、セルロースナノファイバーの研究を続けています。
軽くて頑丈、原材料も植物でリサイクルも可能と、理想的な素材とも思えるセルロースナノファイバー。

MBSが2005年に取材した際には、セルロースナノファイバーを透明にする加工技術を用いて、紙のように薄いディスプレイを研究。
大手メーカーとも協力して、発光するところまで開発を進めるなど、長年、この素材の活用方法を模索してきました。

「一番資源として豊富なのは木ですが、竹や稲わら、あるいは水草、キュウリやレタス。植物は皆セルロースナノファイバーでできている。
(植物の中で)作られるときは大気中の二酸化炭素を吸収してくれて、廃棄にあたっては、うまく分解してくれるし、燃やしてエネルギーとして使うこともできる。
生産から利用、廃棄にわたってものすごく環境に対して優しい材料だろうと」(京都大学 矢野浩之教授)

しかし、課題もあります。
量産するのに莫大なコストがかかってしまうのです。

「プラスチックの中に混ぜて強度を上げたいというニーズが一番多いんですが、結構大変」(京都大学 矢野浩之教授)

■ 「京都プロセス」で製造コスト10分の1にカット

そこで矢野教授ら京都大学と京都市産業技術研究所などの研究で発見されたのが、「京都プロセス」と呼ばれる加工方法でした。

☆続きはソースでご覧ください
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00010000-mbsnews-sctch

(出典 amd.c.yimg.jp)


(出典 amd.c.yimg.jp)


2 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:16:48.06

燃えたらあかんのでは


6 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:23:46.65

>>2
ふむ、難燃材しか使えないはず。
シートですら製造過程で綿使用工場は避けられてる。


98 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 05:20:52.66

>>2
基本的にはプラスチック
難燃剤を添加するから難燃性にできる

というか、今の車で繊維強化プラスチックを使ってない車なんて無いだろ
カーボン繊維がセルロール繊維に置き換わっただけ


20 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:37:26.58

衝突時のエネルギー吸収はどうなんだろ。
今の衝撃吸収ボディを代替できるんかな。


39 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:45:47.05

強度があってもショックを吸収できなきゃダメなんじゃない?


58 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:56:35.73

>>39
相手の車や物体が吸収してくれるから大丈夫!


172 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 06:06:39.67

これ車だけじゃ無いよな。汎用性すごいだろ。


24 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:38:32.89

とりあえず靴のソールとして成功しているのは確かだ
車だけ見ると懐疑的になる素材だけど他に活かせる所がたくさんありそう


46 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:51:31.37

セルロースナノファイバーは日本人が発明した新素材で
既にボールペンなどで実用化している


28 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:40:22.93

すでに軽量素材としては
カーボンがあるけど
カーボンより強度あるの?


49 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:53:40.41

>>28
カーボンの方が強そうだけど、十分軽いし強いんじゃないか
> 炭素繊維の特長は、何と言っても軽くて強いこと。比重が1.8前後と鉄の7.8に比べて約1/4、アルミの2.7あるいはガラス繊維の2.5と比べても有意に軽い材料です。
> その上に強度および弾性率に優れ、引張強度を比重で割った比強度が鉄の約10倍、引張弾性率を比重で割った比弾性率が鉄の約7倍と優れています。
http://www.torayca.com/aboutus/abo_001.html


55 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:55:33.53

吸水性があったりして
雨降ると重くなったり?


60 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 04:58:19.44

>>55
完全にナノファイバーになれば吸湿性はないけど、わざと部分的にナノファイバーにして吸湿性を残すという手もあるのよね。
ニッチな需要しかなくとも、そういうのが欲しいという業界はあると思う。


82 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 05:11:50.83

劣化が早そうだな


83 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 05:12:57.96

環境に優しいの意味が分からないんだが
割り箸辞めようとか再生紙を使おうとか言いながら
車に木材使うのか?


188 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 06:13:45.40

森林伐採で環境破壊じゃね?


197 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 06:19:36.65

>>188
ならんよ。

木材じゃなくて草でもかまわんし、だいたい木材なんて、「材木として使いようのない部分(端材)」が大量に出て、仕方ないから紙にしてるぐらいで。


111 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 05:29:44.13

木からナノファイバー抽出行程で多量のエネルギーと水を使ったら、鉄と変わらない。


126 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 05:41:22.41

>>111
環境に優しくないね


158 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 05:59:26.20

そもそも樹脂で固めるんじゃねえのこれ?
プラスチックはすでにNGの世界に入りつつあるんだが


159 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 06:00:49.22

>>158
そもそもスーパーカー専用素材でもなければ自動車専用素材でもない

スーパーカーにしたのは単なる技術実証のインパクト狙いだろ


164 名無しさん@1周年 :2019/11/19(火) 06:02:56.44

板金出来れば完璧