(出典 service.plan-b.co.jp)

まさにGoogleからのクリスマスプレゼント 羨ましい・・・

1 ガーディス ★ :2018/12/08(土) 07:52:50.97

Googleほどの規模になると、ちょっとしたミスでも莫大な損害を計上してしまうようです。同社で研修に携わるインターン生のミスによって、本来は公開されないダミー広告が表示されてしまい、1,000万ドル(約11億円)の損失が発生したことが分かりました。

インターン生のミスに気付かず
12月3日の夜、ニュースサイトを運営するリシ・ジェティさんは目を疑いました。サイトの広告枠がただの黄色い画像で埋め尽くされていたのです。慌ててデータを確認すると、270ドルCPMという見たこともないような数値が表示されていました。CPMとは1,000回あたりの広告コストのことを意味します。つまりジェティさんのサイトは広告が1,000回表示されるごとに270ドル(約30,500円)を稼ぎ出した計算になります。

一体何が起きたのか――犯人はGoogleでした。

Financial Timesに関係者が語ったところによると、Googleで電子システムの使い方を研修している際、インターン生の1人が誤って相場の10倍以上の価格で、実際の広告枠に“買い”を入れてしまったのだそうです。一般的にパブリッシャーの広告枠は、さながら証券取引所のようにリアルタイムで入札や交換が行われる仕組みが採用されています。もちろん、手動でオーダーを捌き切ることはできないため、入札や交換を請け負う企業は処理を自動化しています。

1,000万円超を稼ぎ出した人物も
その結果起きたのは、Googleが気づくまでの45分間にわたって、アメリカとオースラリアのサイトやアプリに、黄色い300×250サイズのダミー広告がひたすら表示されるという悲劇でした。市場の通常価格よりも大幅に高い価格で提示されていたので、黄色いダミー広告のために多くの企業がこぞって広告枠を売ったというわけです。先述したジェティさんは、CNNやForbesといった巨大メディアでも黄色いダミー広告が表示されているのを確認したそうです。

トラフィックの多いサイトほど45分間に得られた収益も多く、ニュースサイトAdAgeの取材に対し、とあるパブリッシャーは匿名で「10万ドルを超えた(1,100万円)」と鼻高々に話しています。

パブリッシャーたちにとっては、一足早いGoogleからのクリスマスプレゼントとなったわけです。

Googleも事実関係を認める
Financial Timesの取材に対し、Googleはスポークスマンを通して事実関係を認め、ダミー広告を掲載したパブリッシャーに支払いを行う用意があることを明らかにしました。

正確な被害総額は明らかになっていないものの、業界関係者は1,000万ドル(約11億円)ほどではないか、と見積もっています。それだけの額とあっては、Googleの「二度とこのようなことが起きないよう、安全装置(safeguards)を導入するべく取り組んでいる」という言葉も真実味を帯びてきますね

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15708064/


104 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:01:29.67

>>1
なぜ広告が消えたのに
そんなに損したんだ?

表示消えたなら機会損失だけで
そんなに損なんかしてないだろ。
大げさだろ?。この記事。


106 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:03:50.58

>>104
広告が消えたんじゃなくて、
黄色の画像を広告してくれと
高値で注文したわけだろ


114 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:07:22.66

>>106
それが
10倍のミスとなんの関係があるんだ?


120 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:11:47.02

>>114
例えていうと
君が顔写真入りの名刺を作るときに、
十倍の相場で、
知らん人の顔写真を入れてオーダーしてしまった
ってことだろ


62 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:26:08.74

まとめサイト「俺んとこに広告載せてほしいやついるー?広告枠オークション始めるわー」
アマ「100円で頼むわ」
アリババ「うちは120円出すわ」

グーグルインターン「広告入札のテストっと…とりあえず1広告1000円くらいで遊んでみるか~(ポチ (実はオンライン)」
「おもしれー広告システムってこんなんなんだなー。ちょっとウンコっと…」

まとめサイト「グーグルに売ったァ!!」
フォーぶス他「グーグルに売ったァ!!」
有象無象「グーグルに売ったァ!!」

45分後

グーグルインターン「オンラインだったオワタ/(^o^)\」

で>>1


152 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:46:14.96

>>62
すごくわかりやすい


6 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 07:59:50.51

『幸せの黄色い広告』
映画化決定やね


97 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:55:06.85

>>6
確かに、ずーっと掘り起こしていくと誰か幸せになった人がいるかも知れんな
どんなドラマがあるのだろうw


138 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:28:59.63

>>97
かなり面白いの作れそう


7 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:00:10.98

そんな責任重い仕事を研修生なんぞにやらせんなよ…。


9 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:00:31.24

あのGoogleでさえ、人為的なミスを犯す事に安堵した。
俺もまた月曜から数十万の損害の後処理頑張れるわw


14 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:03:36.25

世界的規模のミスにしては安く済んだな


21 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:06:49.89

研修用のシステム用意してなかったのか?


65 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:27:10.83

就活ルール変わってインターンシップ制度日本でも増えてるから日本企業もこの手の被害出るかもね


59 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:24:18.57

ゾクゾクする


148 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:41:14.37

相場の1.3倍以上つける場合は2回くらい警告入るシステムにしろや


149 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:41:39.33

これは実際にはAIで自動化してやってる処理をインターンの為に手動でやらせてたみたいね

そりゃあ警告とか出ないわ


27 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:08:12.79

今更だが広告ってそんなに効果があるものなのか


161 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:53:50.46

>>27
その宣伝だけで、10億以上の儲けじゃないのか


49 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:21:47.24

Amazon なんかはサーバ障害おこすと1分1億円レベルの損害が発生するとか言われてるな


82 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:41:29.59

こんなもん グーグルがノーカンノーカン なかったことにで終わる話じゃ?


84 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:43:30.11

>>82
グーグルは支払う用意があるみたいね

日本のスマホガチャ企業なら期間限定のポイントを500円分くらい配って終わりそうだが


90 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:45:29.04

>>82
10億と信用、どっちを取るか


134 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:25:28.55

まあこの程度はGoogleからすれば俺らの1円にも満たないだろう
却ってリスクが判明したと考えれば安くついたのかも


179 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 10:09:13.09

>>134
かもなぁ
10億で済んでよかったかもしれん


42 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 08:18:48.47

これで没収せずにそのままあげちゃうのが凄いわ


146 名無しさん@1周年 :2018/12/08(土) 09:38:51.85

これやり様では凄いイメージアップできるからチャンスやろ(´・ω・`)