(出典 blogimg.goo.ne.jp)

公表通りのスペックなんだろうか・・・

1 ばーど ★ :2018/04/15(日) 14:53:58.70

中国は最新鋭ステルス戦闘機J-20の配備を開始したと2018年2月に発表、同国はJ-20でアメリカとの軍事的なギャップを埋めることを狙っている。

2016年、珠海エアショーで初公開されたJ-20は、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、空対空、空対地の両方のミッションをこなすマルチロール機。

J-20の性能についてはまだ不明点が多いが、アメリカのF-22ラプターやロシアのスホイ57としばしば比較される。

多くのアナリストが、現時点ではまだF-22に及ばないと分析しているが、Military Watch Magazineのチーフ・エディター、アブラハム・エイト(Abraham Ait)氏はDIPLOMATに「すぐにF-22を上回るかもしれない」と記した。

J-20について、現時点で分かっていることを見てみよう。

初めて確認されたのは2010年、2016年に初公開された。

当初、ロシアのAl-31をベースとした第4世代エンジンのWS-10Gを搭載していた。しかしその後、F-22のF119にも匹敵する第5世代エンジンのWS-15 Emeiが搭載されたと伝えられた。

複数の報道によると、2017年に朱日和(Zhurihe)訓練基地で行われた訓練ではWS-15 Emeiエンジンを搭載していたようだ。

WS-15エンジンの最高推力は4万4000ポンド、F119の3万5000ポンドを上回ると言われる。

WS-15エンジンはアフターバーナーを使用しなくても超音速巡航、いわゆるスーパークルーズが可能とされる。

だがWS-15の現状については否定的な声もある。WS-15は大きな問題を抱えており、J-20への搭載は2020年まで遅れるとも言われる。

「航空機の要はエンジン。エンジンがすべて」とシンクタンク、CNAのマイケル・コフマン(Michael Kofman)氏は以前、Business Insiderに語った。「他の部分も興味深いが、やはりエンジンに尽きる」

■ステルス性能にも疑問が。

「機体の大きさを知っているか? 表面積は大きく、両サイドからの反射率もかなり高そうに見える。ステルス性能には、かなりの疑問がある」

元アメリカ空軍のデビッド・デプチューラ(David Deptula)中将は2016年後半に、J-20は「前方からのステルス性能は高いかもしれない。だが他の方向は違う」と語った。

「設計者がステルス・デザインを完全には理解していないことは明らか」とあるロッキード・マーティンの研究者は以前、Business Insiderに語った。

だが最近、J-20は敵機や敵ミサイルのレーダーの探知を防ぐ吸収材が使われているとも伝えられた。

兵装は、サイドウエポンベイに小型の空対空ミサイル、メインウエポンベイに各種ミサイルを搭載。

ラムジェットエンジンを搭載した新型のPL-21、PL-12Dなどの空対空ミサイルも搭載される予定。

だが様々な憶測があるものの、高品質なアビオニクス(飛行電子機器)とソフトウエアが搭載されていることは間違いないようだ。

J-20は「様々な最新鋭の電子システムを搭載する予定」とCSISは2017年にレポートしている。

「アクティブ電子走査アレイ、機首には赤外線/電子光学目標補足・追跡センサー、防御用に機体の周り360度全方向をカバーするパッシブ式電子光学探知システムなどが搭載される。これらのシステムは、F-35のシステムに匹敵するものと思われる」

だが多くのアナリストは、ドッグファイトではF-22に及ばないと見ている。

J-20は「戦闘機ではなく、遊撃機あるいは攻撃機」であり、アメリカ空軍の戦闘機と空中戦をする機体ではないとオーストラリア戦略政策研究所のマルコム・デイビス(Malcolm Davis)氏は以前にBusiness Insiderに語った。

一方、アブラハム・エイト氏はDiplomatに、F-22の調達は終了しているため、J-20は急速にF-22を凌駕するだろうと記した。

「J-20の性能の飛躍的な向上ペースは、F-22を上回ってる」

また中国はステルス戦闘機J-31も開発中で、2014年に初めて公開された。いずれ、中国空軍の一翼を担うだろう。


(出典 assets.media-platform.com)


(出典 assets.media-platform.com)


(出典 assets.media-platform.com)


BUSINESS INSIDER JAPANApr. 12, 2018, 04:00 PM
https://www.businessinsider.jp/post-165210


26 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:02:28.43

比較対象はよくてタイフーンだろ
F-22どころかF-35やSu-57の足下にすら及ばない


59 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:10:02.49

>>1
出力が大きいエンジン積めば良いなどとド素人丸出し
機体が持ちませんわ、空中分解必至


79 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:16:11.30

>>1
中国が追いつく頃には、アメリカの戦闘機の性能も上がっているのでは?

だから、差が縮まらないのでは?

長期的には分からないけど。


106 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:23:57.12

>>1
> WS-15 Emeiエンジンを搭載していたようだ。
ロシアから、何機購入して分解・装着したんだろう・・・・


4 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 14:55:16.79

20年後くらい?


8 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 14:57:42.57

>>4
> 20年後くらい?

そういうこと そのころには スーパーF3500になっていそう


6 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 14:57:27.10

アメリカの技術向上が鈍化したら、いつかは追いつくかも
ってことかな


57 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:09:57.37

>>6
実際アメの軍事プロジェクトは失敗多い。未知の領域への挑戦だから当たり前ではあるが
追いかける方はやることできること分かってるからそういう意味では有利なんだよね
特許やコストも無視できるから後発はガンガンパクるし


12 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 14:58:45.71

少なくてもJ20ではF4でも勝てそうだけどな


14 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 14:59:03.40

JってJapanのJ?


133 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:32:58.83

>>14
マジレスすると「殲撃(ジエンジィ)」のJ


15 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 14:59:11.06

これ大型だから機体内にいっぱいミサイル入るんでしょ?
ステルス機としては重要じゃね?
小型のF-35とか下手すりゃ1発撃ったら帰投なの?


116 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:28:14.25

>>15
F-35はF16のポジショニングなんで
ミサイルも小型化してる
中国はミサイルが小型化できないからやむなく機体が大型化する


131 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:31:49.81

>>116
PL-12 (ミサイル) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/PL-12_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)
ミサイル直径 20.3cm
ミサイル全長 393cm
ミサイル全幅 67cm
ミサイル重量 199kg

AIM-120 (ミサイル) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/AIM-120_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)
ミサイル直径 18cm
ミサイル全長 3.65m
ミサイル全幅 A/B型 53.32cm
C型 48.46cm[1]
ミサイル重量 152kg


そんな変わんなくね?


136 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:34:30.32

>>131
J20は長距離攻撃機だから機体が大きいだけ
搭載する兵器と燃料を多くする必要があった


33 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:04:15.89

で、心神はどうなった?

日本は、何一つまともに作れてねーじゃねーかw

試行錯誤して確実にスキルアップしている中国を、日本が
笑う資格なんかないんだぞ?


127 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:31:03.76

>>33
心神はテスト用の機体であって実戦用ではない。そんなことも知らんと書き込みするなよ。


132 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:32:23.38

>>127
予定を消化できずにテスト終了したよ
おまけに国産戦闘機の開発も中止した

ちゃんと説明してやれよw


171 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:47:39.75

>>多くのアナリストは、ドッグファイトではF-22に及ばないと見ている。

この評価って必ず記載されてるけど、ステルス機がドックファイトする状況って作戦失敗じゃないの?


58 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:09:58.60

近年の戦闘機はドックファイトはしない 突然撃墜される


197 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 16:00:19.65

>>58
知らないうちにミサイルが飛んできて、気が付いたら撃墜されている。
攻撃側もディスプレイにXマークが出て、敵機のマークが消えたら終わり。
血を流す戦争してるって感じはないだろうな。


64 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:12:04.16

カナード(前翼)付いてるだけで、ステルス性が台無し
F22どころか35にも及ばない


68 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:12:35.03

形状的にステルスじゃねぇーな。
カナード・エアインテーク・ノズル、全部電波を反射するな。
防空用なら十分だけれどね。


77 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:15:07.65

J20は長距離攻撃機だろ
なら前面ステルスと長距離移動できればいい


84 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:17:50.03

>>77
だからこの大型の機体とスーパークルース出来るエンジンと理にかなってる


71 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:12:54.13

今んとこJ20に勝てるのはF22とF35だけ
つまりロシアにもJ20に勝てる戦闘機はない


76 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:15:00.92

>>71
Su-35Sは?
J-20はステルス性能が低いみたいだから強力なレーダーを持つSu-35Sならいけるでしょ


86 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:18:16.86

>>76
露側「J20の登場により我々は中国市場を失った」
中国側「Su35が露から輸入する最後の戦闘機になる」
両国がこのコメントを出してる

Su35はJ20より劣勢だと両国が認めてる


81 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:16:33.21

だいたい、いま米軍が中国やロシアの沿岸1,000kmに侵入する必要性がない。
そのために多額のコストをかけるより、そんな話は周辺諸国に任せた方がいい。
中国はとりあえず、東シナ海・南シナ海を防衛して太平洋に出なくてもいい。

それならこの程度の戦闘機で十分。


95 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:20:40.52

>いずれF-22を超える?

いつだよ、
超えた頃にはF-44あたりが完成してるよw


104 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:23:39.14

>>95
だからもうアメリカもロシアも有人戦闘機なんかにたいして開発費注ぎ込まねえんだよ。
未だに戦闘機の性能差が軍事力の指標になると思ってるミリオタが遅れてるだけ。
特に2ちゃんねるは戦車教団のバカの悪影響が強いから
未だに戦闘機がー戦車がーと50年遅れのミリ談義してる


137 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:34:36.56

すでにアメリカはF-35を最後の有人戦闘機に考えてる。

これを拡張してF-35の人間に率いられた無人ドローンからの戦闘機部隊構想が進行中。


139 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:35:42.09

>>137
無人機なら中国はトップクラスだよ
アフリカでは中国無人機が大人気よ


142 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:36:18.12

>>139
プロペラ機じゃないんだが?


140 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:35:47.00

既に実用可能なんだよね
もう日本との技術レベルの差は手遅れになったな


147 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:37:54.12

>>140
だな……
日本はIHIがすこいエンジン開発したとか言ってるが、実はコア部分のみでファンや低圧タービンとかは作ってないんだよね。


9 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 14:58:07.49

日本はとっくに変形機能の戦闘機を持ってる

(出典 i.imgur.com)


129 名無しさん@1周年 :2018/04/15(日) 15:31:36.37

>>9
F-14にしか見えないところが逆にすごい