話のネタ帳

話のネタに使える、気になる時事ニュース・芸能ニュース・スポーツニュースなどを2ちゃんねるよりまとめています。

1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/11/17(木) 08:13:13.03 ID:vAr+j+k2M.net

りゅうちぇる @RYUZi33WORLD929
朝からのロケお??わり???????♂???????
森の中で気取ってみたよん??????????ぷぷぷぷぷ!!

(出典 pbs.twimg.com)

https://twitter.com/RYUZi33WORLD929/status/798717623445766144

村上まーや @7nLj3v8QfKhWbqr
りゅうちぇるのツイッター見たけど私にはどうしても誰かの顔にしか見えない

(出典 pbs.twimg.com)

https://twitter.com/7nLj3v8QfKhWbqr/status/798786502717095936

【【画像あり】りゅうちぇるの写真にガチで心霊写真?「老婆?が写りこむ」】の続きを読む


(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)
1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2016/11/16(水) 20:39:09.62 ID:CAP_USER9.net

【菜々緒/モデルプレス=11月16日】
モデルで女優の菜々緒が16日、Instagramにて寄せられるダイエット広告などのスパムコメントに対し怒りのコメント。フォロワーに対し、警告をした。


◆菜々緒、怒りあらわ「迷惑です。不愉快です。嫌いです」

昨年末からスパムに対し、何度も注意を呼びかけてきて、プロフィール欄にも警告文を記載している菜々緒。
その甲斐あってか当初よりは数は減ったがいまだ執拗にコメントは来ており、今回も「みなさーん、こういう書き込み悪徳なスパム広告ですから気をつけてくださいねー!」
とスパムのキャプチャー画像とともに呼びかけ。

菜々緒がラジオや配信番組で商品を紹介していたかのように装ったコメントに対し、
「私はラジオも配信もやってないし、コメント欄を利用されるの本当にムカつくのでやめてください悪徳業者さん達」と怒りをあらわに。
「迷惑です。不愉快です。嫌いです」と畳み掛けた。

◆揺るがない菜々緒に支持集まる

スパムとは、「わたしも○○で1ヶ月-8キロできたよ!最近食べ過ぎとか全然気にしない」といったように、フォロワー数が多い有名人のInstagramを利用し、コメント欄で宣伝するといったもの。

これまで、菜々緒以外にも多くのタレントが幾度も嫌悪感を示しており、その中でも特に菜々緒は徹底抗戦を宣言。「#信じちゃう人もいるのでスルーせず私は発信し続けます」と改めて表明した。

こういった菜々緒の堂々とした姿勢とファン思いの行動は支持を集めており、今回も「菜々緒様のそういうところ大好きです」「見たら通報します!」「やっぱりカッコいい」「女が惚れる女」と称賛の声が殺到している

http://news.livedoor.com/article/detail/12292074/
2016年11月16日 19時0分 モデルプレス

【菜々緒「本当にムカつく」「不愉快です」 再度警告】の続きを読む



(出典 livedoor.blogimg.jp)
1 Egg ★@\(^o^)/ :2016/11/17(木) 12:19:46.56 ID:CAP_USER9.net

報道ステーションは、言わずもがなテレビ朝日の看板番組である。そのメインキャスターが古舘伊知郎氏から富川悠太アナ(40)に交代したのは今年春。それでも引き続き高視聴率を維持し、局側はホクホク顔とか。だが、ここに来て富山市議らの“辞職ドミノ”を巡る報道で、チョンボをやらかしてしまったのだ。

 問題になったのは10月12日の放送である。22時30分頃、富川氏が「さあ、この後は、3カ月で16人」と視聴者に語りかけ、一旦CMに入った。CMが明けると、彼は続けて、

「こちらに積まれているのは、富山の地元紙『北日本新聞』です。北日本新聞と言いますと、この夏からどんどん政務活動費の不正を暴いてきまして……」

 こう語ると、右手に積まれた北日本新聞の1面の記事を次々に紹介。さらに、

「(富山市議会の)議長まで、辞職ドミノが続いている。じゃあ、この不正をどうやって北日本新聞が暴いていったのか。今日はこの情報公開について考えていきます」

 すると、北日本新聞の編集局に場面が変って、同社の記者らが情報公開請求で膨大な領収書のコピーを取り寄せたこと、情報公開の不透明さなどを語ったのだ。

「ところが」と語るのは、あるテレ朝関係者だ。

「番組終了後、富山のチューリップテレビ(TBS系列)から抗議があった。放送の内容に一部誤りがあると指摘を受け、報ステの制作幹部が富山まで釈明に行ったようです」

 実際、チューリップテレビに聞くと、

「テレ朝さんには、まず電話で問合せをし、翌13日に当社の東京支社を通じ、文書で抗議しました」

 と、広報担当者は語る。

「スタジオでのリードの部分では、北日本新聞が全てスクープしたような形になっていた。ですが、事実関係としては、富山市議の不正を真っ先に報じたのは、うちの8月19日の『ニュース6』という夕方の番組なんです」

■事実誤認なので…

“リード部分”とは、先にご紹介した富川氏の語りの部分を指す。

「ただ、当社としては、北日本新聞と争うつもりは全くありません。政務活動費に関する一連の報道は、中川市議ですとか、9月12日の民進党系議員の不正発覚とか、当社がスクープしたものがある。だが、一連の辞職ドミノは、当社の記事のほか、他の地元メディアがそれぞれ不正を追及した結果です。単独の社が暴いたというコメントは事実誤認なので抗議しました」(同)

 報ステ関係者が、チューリップテレビ本社を訪れたのは10月17日で、

「先方は、そういうつもりではなかったが、結果として誤解を与えたかもしれない、その点に関しては申し訳ないということで、誠意を示すためにいらっしゃったということでした」(同)

 一方、テレ朝は、

「チューリップテレビ側から内容についてご意見をいただいたため、お訪ねして報道の趣旨を説明し、ご理解いただいたものと認識しています」(広報部)

 抗議ではなく、ご意見に対し説明しただけだと仰る。

「富山市議らの辞職ドミノについて、何の知識もない視聴者が報ステの放送を見たら、北日本新聞の独壇場だったと思うのも無理はありません。テレ朝が、東京からわざわざ釈明に来ること自体、異例中の異例。余程、分が悪いと思った証拠ですよ。大事になる前に幕引きを図ったということでしょう」(地元記者)

 要するに、報ステの番組作りが、少々荒っぽかったということである。違いますかな、富川キャスター。

特大ワイド「ふりむけば百鬼夜行」より

「週刊新潮」2016年11月10日神帰月増大号 掲載

デイリー新潮 11/17(木) 5:58配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161117-00514309-shincho-soci

【<報道ステーション>富山市議らの“辞職ドミノ”を巡る報道で、チョンボ!これって】の続きを読む



(出典 chottokininarus.blog.so-net.ne.jp)  
1 ジャーマンスープレックス(東京都)@\(^o^)/[FR] :2016/11/17(木) 01:59:43.41 ID:wQ8kavWO0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

 スウェーデン・アカデミーは16日、今年のノーベル文学賞の受賞が決まった米国のミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)が、
12月10日にストックホルムで開かれる授賞式を欠席すると発表した。15日に「先約がある」とディラン本人からの手紙を受け取ったという。

 同アカデミーによると、ディランさんは改めて受賞を光栄に感じていると強調したという。アカデミーは、授賞式を欠席しても「賞は引き続き
ディランのもの」としつつ、遅くとも12月10日から数えて6カ月以内に業績にまつわる講演をすることを受賞の条件として挙げ、「我々は
ディランの講演を楽しみにしている」と表明した。

 受賞者の欠席は過去にもあり、2007年に歴代最高齢の88歳で受賞した故ドリス・レッシングさん(英国)、05年の故ハロルド・ピンターさん(同)、
04年のエルフリーデ・イェリネクさん(オーストリア)も健康上の理由などで欠席した。(ロンドン=渡辺志帆)
http://www.asahi.com/articles/ASJCK05RLJCJUHBI04J.html

【ノーベル賞 ボブ・ディラン「行けたら行くわ」→結局「先約があるから」と授賞式欠席】の続きを読む


(出典 i.imgur.com)
1 刻だまり ★ :2016/11/15(火) 22:21:48.97 ID:CAP_USER9.net

 auショップに行ったら「(後日送付される)アンケートに大変満足と回答してほしい」「アンケート結果が悪いとKDDIから指導を受けてしまう」といったプリントが配られていた――と話題になっています。KDDIに確認したところ、プリントの内容については把握しており、今後は代理店および店舗に対し、適切なアンケートの運用を徹底していくとのことでした。

以下省略
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000106-it_nlab-sci

【auショップが客に「アンケートに大変満足と回答してほしい」と依頼し、炎上】の続きを読む

1 オリンピック予選スラム(庭)@\(^o^)/ [US] :2016/11/15(火) 11:42:56.76 ID:hdtGbdxz0●.net BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典

【簡単に説明すると】
・朴槿恵大統領に薬物疑惑
・使っていた薬物はプロポフォール
・チェ・スンシルが処方してもらっていた(薬事法違反)

韓国の朴槿恵大統領に更なる疑惑が浮上している。韓国JTBCが朴槿恵大統領はプロポフォール中毒だと報じた。
プロポフォールとは聞き慣れない言葉だが、麻酔薬などに使われる。特に整形外科が使う薬物で全身麻酔や
鎮痛剤用として用いる。
この薬を過剰に摂取し*だのがマイケル・ジャクソンと言われている。

そして朴槿恵大統領も同様にプロポフォール中毒になっているという。この薬物は普通では入手できないもの。
しかしそれを入手していたのがあのチェ・スンシルで朴槿恵大統領の代わりに処方してもらっていたという。
それを届けるために大統領府に届けていたという疑惑まで浮上している。
既にこの時点で薬事法違反であるが、問題は朴槿恵大統領はチェ・スンシルが毎回届けるプロポフォール無しでは
生きて行けない体になってしまっている可能性もある。

両親の他界により誰も信じれなくなり精神が不安定になった時期にチェ・スンシルが近づき精神を安定させるために
この薬を進められたという。
楽になるつもりで手を出したらそれが中毒となってしまい、無しでは生きて行けなくなってしまったのだ。
セウォル号の疑惑の7時間の時もこの薬物を使い体を休めていた可能性もある。プロポフォールは効き目は早く、
すぐに楽になれるという。

朴槿恵大統領は15日の15時から事情聴取が行われ、被疑者としての捜査も視野に入れているという。

http://gogotsu.com/archives/23449

(出典 gogotsu.com)

【マジ!?朴槿恵(パク・クネ)大統領薬物中毒の疑い マイケル・ジャクソンの死因と同様の薬物を大量摂取 薬事法違反の疑いも】の続きを読む

1 muffin ★@\(^o^)/ :2016/11/14(月) 18:49:04.10 ID:CAP_USER9.net

http://natalie.mu/owarai/news/209215
2016年11月14日 12:18

昨日11月13日、映画「GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル」をPRする“エクスクルーシブイベント”が都内で開催され、
キャストのビートたけし、スカーレット・ヨハンソン、監督のルパート・サンダースが出席した。

「GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル」は、主人公の女性サイボーグ・草薙素子率いる“内務省公安9課”が、危険なサイバー犯罪を阻止すべく奮闘するマンガ「攻殻機動隊」を原作とする映画。
原作の素子にあたる主人公“The Major(少佐)”をヨハンソン、内務省公安9課の創始者で課長の荒巻大輔をたけしが演じる。

イベントでは少佐や荒巻の衣装、作品にちなんだコンセプトアートなどのアイテムが会場に展示されたほか、登壇者によるトークショーも行われた。
たけしは「(監督に自分は)セリフ覚えが悪いといったら『プロンプター(演者に陰からセリフを教える役)がいる』と。
そしたら撮影中にスカーレット・ヨハンソンが俺のカンペを持ってたんです」と撮影時を回想。
「記念写真に撮りたいくらい感動して。それ以降はちゃんと覚えるようになりました」と茶目っ気たっぷりに語った。

また、たけしは役の演じ方について「冷血な心を持っていて敵を躊躇なく撃つけど、身内には親族のように関わるような、両方持っている人にしたい」とコメント。
さらに作品について「ちょっとだけ映像を観たのですが、悔しいくらいお金がかかっています。私の映画が100本できるんじゃないかってくらいすごい。
特殊メイクとかのデザイナーのすごさに感動する。参加できたのが本当にうれしいです」と述べて観客の期待を煽った。

「GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル」は、2017年4月より全国でロードショー。


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)


(出典 natalie.mu)

【【動画・画像あり】ハリウッド実写版「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル」にたけしも驚愕】の続きを読む

このページのトップヘ